IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/03/25

【大阪開催】SharePoint活用最新動向


エヌ・ティ・ティ・データ


【大阪開催】SharePoint活用最新動向のセミナー概要 【大阪開催】SharePoint活用最新動向の申込み



開催日時

2014年4月25日(金) 14:30〜17:30|申込み締切 2014年4月25日(金)
会  場 NTTDATA堂島ビル 1F会議室
大阪府大阪市北区堂島3-1-21 NTTDATA堂島ビル
JR東西線『新福島駅』より徒歩5分 / 地下鉄四ツ橋線『西梅田駅』より徒歩5分 / 阪神線『福島駅』より徒歩3分 / 京阪中之島線『渡辺橋駅』より徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|経営者CIO

会員限定で「【大阪開催】SharePoint活用最新動向」の続きが読めます

【大阪開催】SharePoint活用最新動向」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「【大阪開催】SharePoint活用最新動向」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 【アドビ システムズ】 デジタル変革のスタートは“紙に依存したプロセス”の脱却から 【アドビ システムズ】 「自らを破壊者に」――老舗銀行が新興企業に対抗できた理由とは 【アドビ システムズ】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー
紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 業務やビジネスの妨げになっている“紙”をデジタル化できているか? エクスペリエンスビジネスを実践する老舗企業のデジタル変革とは

「ワークフロー」関連の特集


2013年度、60億円と見込まれる国内ワークフロー市場。ERPなどの基幹業務パッケージとの連携需要な…



69億円規模と見込まれる2014年度のワークフロー市場。金融業を中心に実績を伸ばし、シェア23.2%…



利用端末としてスマホが増加した同市場。パッケージの費用面での優位性を強化しつつ、個別要件への対応も求…


「ワークフロー」関連のセミナー

事例で分かる!効果的なSharePoint活用のポイント! 【NTTデータ・スマートソーシング/TOSYS/富士通ビー・エス・シー】  

開催日 9月8日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

企業の情報システムにおいて、クラウドファーストの考え方が浸透する中、企業では「クラウドを使う、 使わない」から「パブリッククラウドとプライベートクラウドを適材適…

簡単!ワークフロー 『 X-point 』 操作体験セミナー 【ディーアイエスソリューション/エイトレッド】  

開催日 9月8日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

業務効率化(テレワーク)ができる業界シェアNo.1(※1)のワークフローを体験してみませんか? 説明を聞きながら、1人1台のパソコンを操作するので使いやすさを実…

使いやすさで選ばれるワークフロー 【インフォテック】  

開催日 9月8日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

「紙運用の申請業務を効率化したい」「ワークフローシステムっていろいろあるけど、自分たちにピッタリ合う製品はどれ?」とお悩みの方、必見!成功するワークフロー選定の…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

【大阪開催】SharePoint活用最新動向」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「【大阪開催】SharePoint活用最新動向」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50053162


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ