ARCserve D2D for Windows無償ハンズオン実機トレーニング

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/03/08

ARCserve D2D for Windows無償ハンズオン実機トレーニング


CA Technologies


ARCserve D2D for Windows無償ハンズオン実機トレーニング のセミナー概要 ARCserve D2D for Windows無償ハンズオン実機トレーニング の申込み



開催日時

2014年4月3日(木) 10:00〜13:00|申込み締切 2014年4月3日(木)
会  場 CA Technologies JA共済ビル
東京都千代田区平河町2-7-9 JA共済ビル9F
東京メトロ
 半蔵門線・有楽町線・南北線:「永田町」駅徒歩2分
 銀座線・丸ノ内線:「赤坂見附」駅徒歩2分(「永田町」駅直結)
 有楽町線:「麹町」駅徒歩4分
 半蔵門線:「半蔵門」駅徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

16名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括

会員限定で「ARCserve D2D for Windows無償ハンズオン実機トレーニング 」の続きが読めます

ARCserve D2D for Windows無償ハンズオン実機トレーニング 」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「ARCserve D2D for Windows無償ハンズオン実機トレーニング 」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】 中小企業のDR/BCP対策、仮想環境の可用性に対する「5つの課題」 【Veeam Software japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。 データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。 中小企業のDR/BCP対策、仮想環境の可用性に対する「5つの課題」

「バックアップツール」関連の特集


増え続けるバックアップ作業、でも怠ると事業存続の危機に発展も…。悩める担当者へ、負荷軽減と確実なバッ…



IT担当者554人を対象に「バックアップツールの導入状況」を調査。導入状況や導入目的、満足度から、ツ…



イチキュッパからプロフェッショナル版までの多様なラインアップの中で、いまゲキ売れしているのはどれ?要…


「バックアップツール」関連のセミナー

Zertoバージョン5 仮想環境、クラウドレプリケーション 【クライム】  

開催日 3月9日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

3/9(木)開催『Zertoバージョン5 機能全貌ー異種ハイパーバイザ(VMware/Hyper-V)間、パブリッククラウド(AWS/Azure)へのレプリケー…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ARCserve D2D for Windows無償ハンズオン実機トレーニング 」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ARCserve D2D for Windows無償ハンズオン実機トレーニング 」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50053003


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ