営業改革セミナー「営業なくして経営なし!」

IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 九州・沖縄 > 福岡県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/03/07

営業改革セミナー「営業なくして経営なし!」


NIコンサルティング


営業改革セミナー「営業なくして経営なし!」のセミナー概要 営業改革セミナー「営業なくして経営なし!」のプログラム 営業改革セミナー「営業なくして経営なし!」の申込み



開催日時

2014年4月23日(水) 13:30〜16:45|申込み締切 2014年4月22日(火)
会  場 ホテル日航福岡 5F 志賀の間
福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目18番25号
JR・地下鉄「博多駅」より徒歩3分

地図はこちら
参加費

有料 5000円(税込)
定 員

50名
こんな方にオススメ

経営者CIO |営業・販売|情報システム部の統括
参加者プレゼント
参加者全員に『経営を革新するマネジメントコミック』をプレゼントいたします。

会員限定で「営業改革セミナー「営業なくして経営なし!」」の続きが読めます

営業改革セミナー「営業なくして経営なし!」」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「営業改革セミナー「営業なくして経営なし!」」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「SFA」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

「SFA」関連の製品

20〜60代の全営業社員に定着したSFA導入プロジェクト、成功の秘訣とは?_JUST.SFA 【ジャストシステム】 数十万の情報を一元管理、潜在顧客との接点拡大に有効なクラウドサービスとは? 【セールスフォース・ドットコム】 なぜ外資系CRM/SFAの導入企業は1年でリプレースを検討するのか 【ソフトブレーン】
SFA SFA SFA
20〜60代の全営業社員に定着したSFA導入プロジェクト、成功の秘訣とは? 数十万の情報を一元管理、潜在顧客との接点拡大に有効なクラウドサービスとは? なぜ外資系CRM/SFAの導入企業は1年でリプレースを検討するのか

「SFA」関連の特集


無理な営業ノルマは、会社や営業マンにも決して利益にはなりませんが、モチベーションを上げるための建設的…



前年度比20%近く拡大するSaaS型SFA/SFE市場。統合型ソリューション提供ベンダが市場を制する…



“営業数字の組み立て方”について今回は「付加価値」を取り上げ、そのポイントを解説します。


「SFA」関連のセミナー

マーケティングオートメーションツールの正しい導入と運用方法 【ネットイヤーグループ】  

開催日 4月23日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

マーケティングオートメーションツールを導入する企業は年々増え続けています。しかしながら、使いこなせている企業はごくわずかです。導入企業の約30%は、すでにツール…

kintoneで業務効率化セミナー 【主催:内田洋行 共催:サイボウズ】  

開催日 7月11日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

・システムを作ったはいいけど、実際に使ってみると、使いにくい・・・・一つのシステムだけのために多くの費用を使うのはもったいない・・・・修正してほしいけど、頼んで…

「デジタルマーケティング×セールス」組織立ち上げ公開セミナー 【マツリカ/船井総合研究所】 締切間近 

開催日 4月25日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

【セミナー概要】デジタルマーケティングの市場拡大がまだまだ続く中、その市場拡大の恩恵を受けて事業を拡大している広告会社・IT企業は一握りであると感じています。デ…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

営業改革セミナー「営業なくして経営なし!」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「営業改革セミナー「営業なくして経営なし!」」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50052984


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ