IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/02/27

S/R言語プログラミングコース


NTTデータ数理システム


S/R言語プログラミングコース のセミナー概要 S/R言語プログラミングコース の申込み



開催日時

2014年4月17日(木) 13:30〜16:30|申込み締切 2014年4月15日(火)
会  場 NTTデータ数理システム セミナールーム
東京都新宿区信濃町35 信濃町煉瓦館1階
JR総武線「信濃町駅」徒歩1分
都営大江戸線「国立競技場駅」より徒歩8分
東京メトロ丸の内線「四谷三丁目駅」より徒歩8分
都営バス 新宿駅西口-品川車庫(品97)「信濃町駅前(慶應病院前)」下車 すぐ

地図はこちら
参加費

有料 2万7000円(税込)
定 員

20名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |製造・生産管理|その他
参加者プレゼント
ボールペン

会員限定で「S/R言語プログラミングコース 」の続きが読めます

S/R言語プログラミングコース 」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「S/R言語プログラミングコース 」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

OpenText Big Data Analytics 【オープンテキスト】 高度なセルフBI:オラクルのデータ可視化サービス 【日本オラクル】 インテル 統合分析プラットフォーム 【インテル】
BI BI BI
高パフォーマンスを特長とするセルフサービス型BI。新たなデータソースも容易に統合し分析可能。莫大な非構造化データも瞬時に解析し、ビジュアルな結果をユーザに返す。 特別なスキル不要で業務部門でも手軽に使えるクラウド型のデータ可視化サービス。
データを組み合わせ高度な分析ができる上、スモールスタートしやすいライセンス体系。
多様なデータを統合管理、DWHの制限を取り払う「統合分析ハブ」

「BI」関連の特集


富士キメラ総研の調べによると2012年にかけて約5〜14%の市場成長率が見込まれているBIツールのシ…



2015年は263億円の市場規模だった同市場。データの蓄積と分析とのソリューション提供に注力する占有…



 さて今回は「データサイエンティスト」について解説をさせていただきますが、読者の皆さんは「データサイ…


「BI」関連のセミナー

Qlik Sense Tour 東京 【クリックテック・ジャパン】 注目 

開催日 7月13日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「セルフサービスBI」とはよく耳にするようになったものの、真の「セルフサービス」とは何を指すのか?BIからビジネスチャンスを導き出す方法や、最新トレンド情報、導…

BIツール TableauDesktopハンズオンセミナー 【ソフィア総合研究所】 締切間近 

開催日 6月30日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――社内のデータを有効活用したい方、データ分析に掛かっている工数を削減したい方必見! ――…

BIツール・BOARD体験セミナー 【日本ラッド】  

開催日 8月3日(木),8月10日(木),8月17日(木),8月24日(木),8月31日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

初めてBIツールを検討される方へ求めているBIツールが見つからない方へ既存のBIツールにご満足されていない方へBIツール・BOARDを使って、もっと自由に!もっ…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

S/R言語プログラミングコース 」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「S/R言語プログラミングコース 」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50052864


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ