損益が見えるプロジェクト管理セミナー

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/02/26

損益が見えるプロジェクト管理セミナー


シャープビジネスソリューション


損益が見えるプロジェクト管理セミナーのセミナー概要 損益が見えるプロジェクト管理セミナーのプログラム 損益が見えるプロジェクト管理セミナーの申込み



開催日時

2014年3月19日(水) 14:00〜17:00|申込み締切 2014年3月17日(月)
会  場 シャープ株式会社 東京支社
東京都港区芝浦1丁目2番3号 シーバンスS館
◆14F受付へお越し下さい。

地図はこちら
参加費

無料
定 員

5名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|経営者CIO

会員限定で「損益が見えるプロジェクト管理セミナー」の続きが読めます

損益が見えるプロジェクト管理セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「損益が見えるプロジェクト管理セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

実は見落とされがち……新興企業の爆速成長に必要不可欠な要素とは 【日本オラクル】 海外進出企業の4大課題を解消――リスクとコストを抑える基幹システムの選び方 【ネットスイート】 グローバル対応ERP Exact Globe Next 【JBAプロセス・イノベーション・コンサルティング】
ERP ERP ERP
斬新な発想と圧倒的なスピードを武器に、新興企業でも市場を席巻できる時代が到来した。しかし急成長を狙う前に、バックオフィスの重要性を再認識しておく必要がある。 海外進出企業の4大課題を解消――リスクとコストを抑える基幹システムの選び方 会計/販売/購買/在庫/プロジェクト管理を標準装備し、各業務で必要な機能を網羅しているため、カスタマイズを最小限に抑え、低コスト・短期間での導入が可能なERP。

「ERP」関連の特集


経営統合の一環として、グループ会社と事業統合したパーカーエンジニアリング。事業統合効果を最大化するた…



ビジネスのデジタル化が加速し、企業はより正確で素早い意思決定が必要となった。AIを活用する次世代型E…



制度改定、グループ展開、海外進出…変動期にある日本で必要とされるERP、その選定法を紹介します!製品…


「ERP」関連のセミナー

超寿命ERP「ProActive E2」 製品紹介セミナー 【SCSK】  

開催日 3月16日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ProActive E2 は、“ProActive”シリーズの発売開始から25年間で得た豊富な導入実績と業務ノウハウ、そして確かな技術を礎に生み出された、SCS…

基幹業務ERPパッケージ スーパーカクテルシリーズ ご紹介 【内田洋行】  

開催日 2月23日(金),6月12日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

業種特化型基幹システムはスーパーカクテルシリーズ!!内田洋行の持つオリジナルERPパッケージ「スーパーカクテルシリーズ」はお蔭様で本年21年目を迎えました。本パ…

SCSKが実践する「働き方改革」事例をIT活用法とともにご紹介! 【SCSK】 締切間近 

開催日 2月28日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

本セミナーでは、「働きやすく、やりがいのある会社」を追求し、2012年から「働き方改革」を実践した結果、日本経済新聞社が行う「人を活かす会社」調査において、20…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

損益が見えるプロジェクト管理セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「損益が見えるプロジェクト管理セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50052836


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ