コンタクトセンターでアバイアが採用され続ける理由とは?

IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 九州・沖縄 > 福岡県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/02/22

コンタクトセンターでアバイアが採用され続ける理由とは?


主催:日本アバイア 共催:伊藤忠テクノソリューションズ


コンタクトセンターでアバイアが採用され続ける理由とは?のセミナー概要 コンタクトセンターでアバイアが採用され続ける理由とは?の申込み



開催日時

2014年3月13日(木) 11:00〜15:30|申込み締切 2014年3月12日(水)
会  場 ホテルクリオコート博多
福岡県福岡市博多区博多駅中央街5番3号
JR博多駅筑紫口 徒歩1分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|経営者CIO
参加者プレゼント
ランチ付き

会員限定で「コンタクトセンターでアバイアが採用され続ける理由とは?」の続きが読めます

コンタクトセンターでアバイアが採用され続ける理由とは?」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「コンタクトセンターでアバイアが採用され続ける理由とは?」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「コールセンター/CTI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コールセンター/CTI」関連情報をランダムに表示しています。

「コールセンター/CTI」関連の製品

Jabra ヘッドセット 【GNオーディオジャパン】 NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】
コールセンター/CTI コールセンター/CTI
“会話”の力をどう引き出す? カスタマーサービスの生産性を向上させる要因 Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。

「コールセンター/CTI」関連の特集


秋葉原の「ドスパラ」、裏側のコールセンターではどのようなIT奮闘が繰り広げられている? BTOの現場…



IP基盤にデータを統合するユニファイドコミュニケーションにも落とし穴が‥。今回は、導入・活用の注意ポ…



今回は、テレアポを成功させるコツをご紹介します。テレアポをやっている営業マンの方は参考にして下さい。


「コールセンター/CTI」関連のセミナー

コンタクトセンター業務改善の為に/無料セミナー 【沖電気工業/OKIソフトウェア】  

開催日 7月14日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

少子高齢化による労働人口の減少が進む中、首都圏をはじめ全国で、オペレーターの採用が困難となり、要員不足が深刻となるコンタクトセンターが急増しています。コンタクト…

製薬企業向け次世代コールセンターセミナー 【日本ユニシス】 締切間近 

開催日 7月6日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

製薬企業のコールセンターはどうあるべきか。昨今、製薬企業様は医師だけでなく看護師や薬剤師等の多様な接点を持つようになり、問い合わせ内容もより複雑になってきていま…

コンタクトセンター業務改善の為に/無料セミナー 【沖電気工業/OKIソフトウェア】  

開催日 7月7日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

少子高齢化による労働人口の減少が進む中、首都圏をはじめ全国で、オペレーターの採用が困難となり、要員不足が深刻となるコンタクトセンターが急増しています。コンタクト…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

コンタクトセンターでアバイアが採用され続ける理由とは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「コンタクトセンターでアバイアが採用され続ける理由とは?」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50052808


IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ