IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/02/15

標的型攻撃対策セキュリティセミナー


マカフィー


標的型攻撃対策セキュリティセミナーのセミナー概要 標的型攻撃対策セキュリティセミナーの申込み



開催日時

2014年2月25日(火) 14:30〜16:40|申込み締切 2014年2月25日(火)
会  場 堂島ホテル 4F バッカス
大阪府大阪市北区堂島浜2-1-31
JR北新地駅、地下鉄西梅田駅より徒歩7分
JR大阪駅、各線梅田駅より徒歩10分
京阪電鉄中之島線渡辺橋駅より徒歩5分
JR新大阪駅より車で約15分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

80名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|ネットワークの設計・運用

会員限定で「標的型攻撃対策セキュリティセミナー」の続きが読めます

標的型攻撃対策セキュリティセミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「標的型攻撃対策セキュリティセミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

次世代マルウェア対策「CylancePROTECT」 【日立ソリューションズ】 エンドポイント可視化で標的型攻撃を検出 【シマンテック】 ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 狙われるエンドポイント――サンドボックスをもすり抜ける脅威と、どう戦うか APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。

「アンチウイルス」関連の特集


最新の脅威への対策は従来のような外部からの攻撃を防御するだけでは不十分。大事なシステムを守るため注目…



 前回は、モバイル系OSをターゲットにしたマルウェアの“量”の変化について説明した。連載2回目に当た…



3ユーザ対応、更新無期限無料、バックアップ機能搭載など、それぞれユニークなセキュリティソフト。いま売…


「アンチウイルス」関連のセミナー

ハンズオンで学ぶ!未知の脅威対策 【エムオーテックス】  

開催日 4月21日(金)   開催地 愛知県   参加費 無料

機械学習の活用で未知の脅威を検知し、セキュリティ強化を実現する「プロテクトキャット Powered by Cylance」をハンズオン形式で体験できるセミナーで…

ハンズオンで学ぶ!未知の脅威対策 【エムオーテックス】  

開催日 3月3日(金),4月13日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

機械学習の活用で未知の脅威を検知し、セキュリティ強化を実現する「プロテクトキャット Powered by Cylance」をハンズオン形式で体験できるセミナーで…

情報漏洩には訳がある!外部からの攻撃・内部不正の芽を摘め! 【日本事務器】  

開催日 2月24日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

個人情報漏洩など絶えず発生する中、企業ではセキュリティ対策の強化・見直しが迫られています。本セミナーでは、今求められているセキュリティ対策についてご紹介致します…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

標的型攻撃対策セキュリティセミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「標的型攻撃対策セキュリティセミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50052722


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ