IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/02/18

GUI操作によるS-PLUS入門コース


NTTデータ数理システム


GUI操作によるS-PLUS入門コースのセミナー概要 GUI操作によるS-PLUS入門コースの申込み



開催日時

2014年4月16日(水) 13:30〜16:30|申込み締切 2014年4月14日(月)
会  場 NTTデータ数理システム セミナールーム
東京都新宿区信濃町35 信濃町煉瓦館1階
JR総武線「信濃町駅」徒歩1分
都営大江戸線「国立競技場駅」より徒歩8分
東京メトロ丸の内線「四谷三丁目駅」より徒歩8分
都営バス 新宿駅西口-品川車庫(品97)「信濃町駅前(慶應病院前)」下車 すぐ

地図はこちら
参加費

有料 2万7000円(税込)
定 員

20名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |製造・生産管理|その他
参加者プレゼント
ボールペン

会員限定で「GUI操作によるS-PLUS入門コース」の続きが読めます

GUI操作によるS-PLUS入門コース」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「GUI操作によるS-PLUS入門コース」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

「セルフサービスBI」移行ガイド:プラットフォーム選定の基準を徹底解説 【Tableau Japan】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 OpenText Big Data Analytics 【オープンテキスト】
BI BI BI
「セルフサービスBI」移行ガイド:プラットフォーム選定の基準を徹底解説 達成率だけでは見えない、正しい戦略を引き出すためのBIツール活用術 高パフォーマンスを特長とするセルフサービス型BI。新たなデータソースも容易に統合し分析可能。莫大な非構造化データも瞬時に解析し、ビジュアルな結果をユーザに返す。

「BI」関連の特集


 さて今回は「データサイエンティスト」について解説をさせていただきますが、読者の皆さんは「データサイ…



宅配事業において、各世帯の潜在ニーズの分析や実際のレスポンスが把握しにくいという課題を抱えていたコー…



業務や経営に役立つ大量のデータを保存していながらも、これらのデータを寝かせている企業は以外と多いよう…


「BI」関連のセミナー

BIツール・BOARD体験セミナー 【日本ラッド】  

開催日 5月23日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

初めてBIツールを検討される方へ求めているBIツールが見つからない方へ既存のBIツールにご満足されていない方へBIツール・BOARDを使って、もっと自由に!もっ…

第82回事例研究フォーラム 【アイエルアイ総合研究所/ダブルエス・ソリューション】  

開催日 5月25日(金)   開催地 北海道   参加費 無料

Excelをプラットフォームとしたデータベースシステム構築ユーザ事例の紹介と実演体験セミナーです。Excelと『StiLL』とDBを使って実際に開発されたシステ…

マイクロストラテジー・アナリティクス・アーキテクチャ説明会 【マイクロストラテジー・ジャパン】 締切間近 

開催日 4月27日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

〜すべてのユーザが使いやすい先進的なアナリティクス・インタフェースと、エンタープライズ規模のBIに必要なアーキテクチャのご紹介〜 ガートナー社に"ガバナンスとデ…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

GUI操作によるS-PLUS入門コース」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「GUI操作によるS-PLUS入門コース」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50052634


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ