ARCserve D2D for Windows無償ハンズオン実機トレーニング

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/02/06

ARCserve D2D for Windows無償ハンズオン実機トレーニング


CA Technologies


ARCserve D2D for Windows無償ハンズオン実機トレーニング のセミナー概要 ARCserve D2D for Windows無償ハンズオン実機トレーニング の申込み



開催日時

2014年3月4日(火) 10:00〜13:00|申込み締切 2014年3月4日(火)
会  場 CA Technologies JA共済ビル
東京都千代田区平河町2-7-9 JA共済ビル9F
東京メトロ
 半蔵門線・有楽町線・南北線:「永田町」駅徒歩2分
 銀座線・丸ノ内線:「赤坂見附」駅徒歩2分(「永田町」駅直結)
 有楽町線:「麹町」駅徒歩4分
 半蔵門線:「半蔵門」駅徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

16名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括

会員限定で「ARCserve D2D for Windows無償ハンズオン実機トレーニング 」の続きが読めます

ARCserve D2D for Windows無償ハンズオン実機トレーニング 」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「ARCserve D2D for Windows無償ハンズオン実機トレーニング 」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

ランサムウェア対策で押さえるべき3要件――いつもの方法ではデータを守れない 【日本ヒューレット・パッカード】 「重複排除+容量課金」でコストを大幅削減、サーババックアップの新機軸とは 【ねこじゃらし】 高速バックアップ/リカバリ 「System Recovery」 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
ランサムウェア対策で押さえるべき3要件――いつもの方法ではデータを守れない サーババックアップは「重複排除+容量課金」コスト大幅削減、災害対策もできる サーバ、ノートPC、仮想マシンに対応する「高速バックアップ/リカバリソリューション」。Windows Server 2016、SQL 2016など、Microsoft社の最新製品にも対応。

「バックアップツール」関連の特集


障害時に“やっててよかった”と実感するバックアップ。バックアップを効率よく行うためのツールの基本機能…



犬のしつけ方教室やペットホテルを営む今回の企業では、預かっている犬の大量の写真を顧客と共有することで…



データ保護に欠かせない「バックアップツール」。進化した重複排除や仮想化対応、リストアに役立つ機能もま…


「バックアップツール」関連のセミナー

ActiveImage Protector+vStandby AIP実践セミナー 【ネットジャパン】  

開催日 6月28日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ActiveImage Protectorのイメージファイルを復元作業なしで、即座に稼働できるインスタント・ディザスタリカバリソリューション「vStandby …

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ARCserve D2D for Windows無償ハンズオン実機トレーニング 」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ARCserve D2D for Windows無償ハンズオン実機トレーニング 」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50052613


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ