Salesforceと自社システムを繋いでクラウドファーストのメリット

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/02/05

Salesforceと自社システムを繋いでクラウドファーストのメリット


JIEC/日本アイ・ビー・エム


Salesforceと自社システムを繋いでクラウドファーストのメリットのセミナー概要 Salesforceと自社システムを繋いでクラウドファーストのメリットの申込み



開催日時

2014年2月12日(水) 13:30〜17:30|申込み締切 2014年2月10日(月)
会  場 IBMイノベーション・センター (IBM新渋谷事業所内)
東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティウエスト18階
JR/東京メトロ 銀座線・半蔵門線・副都心線/東急 東横線・田園都市線/京王井の頭線 渋谷駅 徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |製造・生産管理|その他

会員限定で「Salesforceと自社システムを繋いでクラウドファーストのメリット」の続きが読めます

Salesforceと自社システムを繋いでクラウドファーストのメリット」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「Salesforceと自社システムを繋いでクラウドファーストのメリット」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他基幹系システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他基幹系システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他基幹系システム関連」関連の製品

AsReaderApps 【アスタリスク】 HULFT運用管理の最適化・自動化ツール「HULFT-HUB」 【セゾン情報システムズ】 出張手配サービス J'sNAVI Jr. 【JTBビジネストラベルソリューションズ】
その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連
iPhone/ iPod touchにインストールして使用するクラウド型業務アプリケーションサービス。バーコードだけでなく、RFID対応のアプリケーションもある。 複数の拠点で利用されるHULFTのデータ連携網を「見える化」し、その正確な管理と運用の最適化を実現する。1:1のファイル転送だけでなく、n:nの連携を可能にする。 各企業が利用中のワークフローとシームレスに連携し、出張のチケット手配などを最適化・効率化できるクラウド型サービス。コーポレートカード利用明細データの連携も可能。

「その他基幹系システム関連」関連の特集


ワークライフバランスが注目され、企業で在宅勤務が導入され始めました。今回はワークスタイルの改革を支え…



注目を集めるRFID(ICタグ)。JRの「Suica」や「ICOCA」は、このRFIDを使った乗車券…



リスクマネジメントの一環としてBCPを策定した興伸。同社は演習を通じて策定したBCPの改善に取り組ん…


「その他基幹系システム関連」関連のセミナー

Salesforce等「基幹クラウド」からの帳票出力をラクにする! 【日本オプロ/コクヨ】  

開催日 3月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

近年、クラウドの活用は基幹系の業務システムにまで広がりを見せています。しかし、この際に課題となるのが帳票類の出力です。債権管理、受発注、製造、物流と、あらゆる業…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Salesforceと自社システムを繋いでクラウドファーストのメリット」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Salesforceと自社システムを繋いでクラウドファーストのメリット」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50052588


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ