日本における標的型攻撃対策の必要性とSBTの提案する対策とは

IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > IPS > IPSのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/01/06

日本における標的型攻撃対策の必要性とSBTの提案する対策とは


ソフトバンク・テクノロジー


日本における標的型攻撃対策の必要性とSBTの提案する対策とはのセミナー概要 日本における標的型攻撃対策の必要性とSBTの提案する対策とはのプログラム 日本における標的型攻撃対策の必要性とSBTの提案する対策とはの申込み



開催日時

2014年1月24日(金) 14:00〜16:40|申込み締切 2014年1月23日(木)
会  場 トスラブ山王健保会館
東京都港区赤坂2丁目5-6 トスラブ山王健保会館2F会議室
「溜池山王駅」徒歩3分(東京メトロ銀座線・南北線)
「赤坂駅」徒歩5分(東京メトロ千代田線)
「赤坂見附駅」徒歩7分(東京メトロ銀座線・丸の内線)
「永田町駅」徒歩10分(東京メトロ有楽町線・半蔵門線)

地図はこちら
参加費

無料
定 員

80名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |ネットワークの設計・運用

会員限定で「日本における標的型攻撃対策の必要性とSBTの提案する対策とは」の続きが読めます

日本における標的型攻撃対策の必要性とSBTの提案する対策とは」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「日本における標的型攻撃対策の必要性とSBTの提案する対策とは」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「IPS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IPS」関連情報をランダムに表示しています。

「IPS」関連の製品

NX NetMonitor+FireEye NX連携ソリューション 【日立ハイテクソリューションズ】 伊勢志摩サミットのWebサイトセキュリティ対策――巨大な負荷にどう備えたのか 【アカマイ・テクノロジーズ】 実は導入率がかなり低いIDS/IPS 運用負荷を理由に未導入で本当にいいのか 【日本アイ・ビー・エム株式会社】
IPS IPS IPS
マルウェア対策製品「FireEye NX」と不正PC監視/強制排除製品「NX NetMonitor」の連携により、標的型サイバー攻撃の検知と感染した端末の排除を自動化するソリューション。 伊勢志摩サミットのWebサイトセキュリティ対策――巨大な負荷にどう備えたのか 実は導入率がかなり低いIDS/IPS 運用負荷を理由に未導入で本当にいいのか

「IPS」関連の特集


2015年5月、日本年金機構において大規模な情報流出事件が発生しました。この事件では約125万件(対…



 人工知能は人間の仕事を奪い、いずれは人間の存在そのものをも駆逐する。機械が登場した頃から語られてき…



ミック経済研究所の調べによると、2007年度は前年比18.6%増の出荷金額が予想されているIPSのシ…


「IPS」関連のセミナー

Japan Security Vision 2017 【インターナショナルデーターコーポレイションジャパン】 締切間近 

開催日 3月2日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

■セキュリティは企業の経営戦略の要となる2020年に向かって、デジタルトランスフォーメーション(DX)[※]に対する企業の動きが加速していきます。企業がDXを実…

脅威の巧妙化に伴い注目される“サイバーレジリエンス”とは 【マカフィー】 締切間近 

開催日 3月8日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

ここ数年レジリエンスというキーワードが、新たなアプローチが必要となっている現在の状況を表しているキーワードの一つとして取り上げられることが多くなりました。“レジ…

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

日本における標的型攻撃対策の必要性とSBTの提案する対策とは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「日本における標的型攻撃対策の必要性とSBTの提案する対策とは」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50052084


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > IPS > IPSのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ