ハイブリッドクラウド時代に求められるIT運用のあるべき姿

IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/12/28

ハイブリッドクラウド時代に求められるIT運用のあるべき姿


日立製作所/日立ソリューションズ


ハイブリッドクラウド時代に求められるIT運用のあるべき姿のセミナー概要 ハイブリッドクラウド時代に求められるIT運用のあるべき姿の申込み



開催日時

2014年2月5日(水) 14:00〜17:00|申込み締切 2014年2月4日(火)
会  場 品川イーストワンタワー13Fハーモニアス・コンピテンス・センター
東京都港区港南2丁目16番1号
※JR品川駅・中央改札口より徒歩約4分
 京浜急行品川駅・高輪口より徒歩約5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |営業・販売

会員限定で「ハイブリッドクラウド時代に求められるIT運用のあるべき姿」の続きが読めます

ハイブリッドクラウド時代に求められるIT運用のあるべき姿」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「ハイブリッドクラウド時代に求められるIT運用のあるべき姿」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】 Mac管理ツール 「M2DeployTools」 【三谷商事】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。 Macの個別設定やイメージ復元、リストアを効率化するツール。Apple製品の取扱いでは25年の実績を持つ三谷商事が独自に開発・提供。

「その他運用管理関連」関連の特集


※ITIL is a Registered Trade Mark of the Cabinet Of…



2003年に大々的に取り上げられてから、言葉としては定着した感がある EA(エンタープライズ・アーキ…



「いつどこからでも改善」第一回では継続的サービス改善(CSI)の概念と活用の勘所をお伝えし、第二回で…


「その他運用管理関連」関連のセミナー

JP1/AJS3を使いこなせ! 【日立製作所】  

開催日 2月16日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

多くの企業で採用されているJP1/AJS3ですが、多機能であるがゆえに、運用局面において様々な課題や悩みがあると思います。今回のセミナーでは、より効果的にJP1…

今検討すべきアプリケーション性能管理とは 【主催:アシスト】 締切間近 

開催日 1月26日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

Webサービスの利便性はユーザ満足度に大きく影響しますが、特にアプリケーション性能は重要な要素です。しかしWebサイトの性能に問題があったとしてもお客様は何も教…

今検討すべきアプリケーション性能管理とは 【主催:アシスト】  

開催日 3月10日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

Webサービスの利便性はユーザ満足度に大きく影響しますが、特にアプリケーション性能は重要な要素です。しかしWebサイトの性能に問題があったとしてもお客様は何も教…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ハイブリッドクラウド時代に求められるIT運用のあるべき姿」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ハイブリッドクラウド時代に求められるIT運用のあるべき姿」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50052066


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ