IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/01/11

JP1ユーザ会 東日本支部会2014


アシスト/JP1ユーザ会 東日本支部


JP1ユーザ会 東日本支部会2014 のセミナー概要 JP1ユーザ会 東日本支部会2014 の申込み



開催日時

2014年2月19日(水) 14:00〜18:30|申込み締切 2014年2月19日(水)
会  場 JA共済ビル 1F カンファレンスホール
東京都千代田区平河町2-7-9 JA共済ビル 1F
(交通)
 東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線 
「永田町駅」4番出口 徒歩2分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

なし
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|ネットワークの設計・運用

会員限定で「JP1ユーザ会 東日本支部会2014 」の続きが読めます

JP1ユーザ会 東日本支部会2014 」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「JP1ユーザ会 東日本支部会2014 」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】 日本企業も対象になり得るGDPR(制裁金最大26億円)にどう対処するのか? 【Jiransoft Japan】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。 日本企業も対象になり得るGDPR(制裁金最大26億円)にどう対処するのか?

「その他運用管理関連」関連の特集


今月は、いよいよ当記事の最終段階である「IT運用の将来像」について、私なりの見解を纏めて述べてみたい…



2015年9月3日に成立した「改正個人情報保護法」。一体何が変わったのか、企業で対応すべきポイントと…



2003年に大々的に取り上げられてから、言葉としては定着した感がある EA(エンタープライズ・アーキ…


「その他運用管理関連」関連のセミナー

BC(事業継続)演習トレーニングコース 【BSI グループジャパン】  

開催日 11月30日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

昨今の地震や災害などの不慮の事態を想定し、事業継続計画(BCP)策定に注目が集まり実際に策定している組織も増加してきております。しかし、手順書を策定しただけでは…

自社で取り組む Webアプリケーション脆弱性診断 【BSIグループジャパン/英国規格協会】  

開催日 10月19日(木)〜10月20日(金),3月19日(月)〜3月20日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 21万6000円

セキュアなWebサイト構築のために、セキュリティテストとして、適切なWebアプリケーション脆弱性診断の実施が必要なことは知られてきました。しかし、脆弱性診断を自…

リスクマネジメント(ERM)入門研修 【ニュートン・コンサルティング】  

開催日 10月18日(水),12月13日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400 円(税込)

リスクマネジメント初心者または改めて整理しておきたい方向けの入門講座。リスクマネジメント部門の方が知っておくべき知識・技法の全てを学習することができます。【こん…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

JP1ユーザ会 東日本支部会2014 」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「JP1ユーザ会 東日本支部会2014 」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50052024


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ