日本企業にフィットするタレントマネジメントシステムとは?

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/12/20

日本企業にフィットするタレントマネジメントシステムとは?


サイエンティア


日本企業にフィットするタレントマネジメントシステムとは?のセミナー概要 日本企業にフィットするタレントマネジメントシステムとは?のプログラム 日本企業にフィットするタレントマネジメントシステムとは?の申込み



開催日時

2014年1月16日(木) 13:30〜15:00|申込み締切 2014年1月14日(火)
会  場 株式会社サイエンティア
東京都千代田区外神田6-14-3 神田KSビル2F
東京メトロ銀座線 末広町駅より徒歩1分(4番出口すぐ)

地図はこちら
参加費

無料
定 員

10名
こんな方にオススメ

経営者CIO |全社スタッフ|情報システム部の統括

会員限定で「日本企業にフィットするタレントマネジメントシステムとは?」の続きが読めます

日本企業にフィットするタレントマネジメントシステムとは?」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「日本企業にフィットするタレントマネジメントシステムとは?」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「人事管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

グローバル人材マネジメントサービス Cultiiva Global/HM 【NEC】 STAFFBRAIN(人事給与、勤怠管理、ワークフロー) 【電通国際情報サービス】 kaonavi(カオナビ) 【カオナビ】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
社員のプロファイルを見える化。人材マネジメントに関わる目標管理、パフォーマンス管理、キャリア開発、後継者管理などを効率的に実行し、人材戦略の実行を支援する。 1000社の導入実績を持つ統合人事パッケージ。
ユーザニーズに応える柔軟性・拡張性で、ノンカスタマイズ導入が可能。
経営と現場が人材情報を共有し、顔写真を見ながら人員の評価・配置・抜擢をスピーディに行うことができるクラウド型人材マネジメントシステム。

「人事管理システム」関連の特集


いま脚光を浴びつつある「HR Tech」。最もハートを込めて管理すべき人材管理・採用の部分を、ビッグ…



 労働安全衛生法という法律が改正され、今年の12月から50名以上の事業場では従業員に対してストレスチ…



あなたの会社では、社員の「タレント」を意識して人材開発や配置・異動を行っているだろうか。昨今、労働市…


「人事管理システム」関連のセミナー

適正検査・採用検査ツールを利用した新入社員のトリセツの作り方 【主催:カコムス/共催:アドバンテッジリスクマネジメント】 締切間近 

開催日 1月27日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

本セミナーでは、メンタル不調予防ならびに採用後の社員の定着化を進めるための、社員の「取扱説明書」の作り方をレクチャー。最新の学生のメンタル状況などの情報を、適性…

【大阪】人事担当者が考えるタレントマネジメントの現実解 【クレオマーケティング】 締切間近 

開催日 1月27日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

【大阪】人事部門向け課題解決セミナー人事担当者が考えるタレントマネジメントの現実解〜実現性のあるタレントマネジメントとは?〜外部の調査によると、95.2%の企業…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

日本企業にフィットするタレントマネジメントシステムとは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「日本企業にフィットするタレントマネジメントシステムとは?」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50051976


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ