情報漏えい徹底対策セミナー〜企業が実施すべき多重対策とは〜

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2014/01/10

情報漏えい徹底対策セミナー〜企業が実施すべき多重対策とは〜


大塚商会/エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア


情報漏えい徹底対策セミナー〜企業が実施すべき多重対策とは〜のセミナー概要 情報漏えい徹底対策セミナー〜企業が実施すべき多重対策とは〜のプログラム 情報漏えい徹底対策セミナー〜企業が実施すべき多重対策とは〜の申込み



開催日時

2014年1月24日(金) 15:00〜17:00|申込み締切 2014年1月23日(木)
会  場 株式会社大塚商会 本社ビル3F セミナールーム
東京都千代田区飯田橋2-18-4
JR総武線「飯田橋駅」東口 徒歩6分
地下鉄東西線/有楽町線/南北線/大江戸線「飯田橋駅」A2出口 徒歩7分
地下鉄東西線/半蔵門線/新宿線/「九段下駅」5出口 徒歩7分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |営業・販売|経営者CIO

会員限定で「情報漏えい徹底対策セミナー〜企業が実施すべき多重対策とは〜」の続きが読めます

情報漏えい徹底対策セミナー〜企業が実施すべき多重対策とは〜」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「情報漏えい徹底対策セミナー〜企業が実施すべき多重対策とは〜」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「メールセキュリティ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

クラウド型メール誤送信対策サービス「Active! gate SS」 【クオリティア】 Email Security Gateway(旧 Spam Firewall PLUS) 【バラクーダネットワークスジャパン】 サイバーエージェントがメール誤送信対策で信頼獲得と営業力を強化できた理由 【クオリティア】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
クラウド型メール誤送信対策サービス
◎7つのアプローチを網羅し本格的な対策を実現
◎短期間で簡単に導入可能
◎サーバ構成に依存せず、Google Apps、Office 365にも対応
迷惑メール・アンチスパム対策、ウイルス防御、メールによるDoS防止、暗号化、ファイル転送などの機能を組み合わせた統合型セキュリティソリューション。 サイバーエージェントがメール誤送信対策で信頼獲得と営業力を強化できた理由

「メールセキュリティ」関連の特集


「メールセキュリティアプライアンス」・・・いざ導入する際の必須検討項目とは!?運用体制・利用環境・コ…



現在、Web メールのアカウントを自分の主要なメールアドレスとして利用している人が多く見られます。使…



IT担当者520人対象にメールシステムとセキュリティ対策状況を調査。システム環境や被害状況からその実…


「メールセキュリティ」関連のセミナー

高度サイバー攻撃対策セミナー 【主催:ヤマダ電機/共催:日本ユニシス/日立ソリューションズ/マクニカネットワークス/Project White/シャニム】  

開催日 12月7日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

ランサムウェアや標的型メール攻撃、公開Webサーバーを狙った攻撃(Webアプリケーションの脆弱性をついた攻撃やDDoS攻撃等)は猛威を振るっており、増加の一途を…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

情報漏えい徹底対策セミナー〜企業が実施すべき多重対策とは〜」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「情報漏えい徹底対策セミナー〜企業が実施すべき多重対策とは〜」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50051913


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ