IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/12/03

運用改善事例セミナー


野村総合研究所


運用改善事例セミナーのセミナー概要 運用改善事例セミナーのプログラム 運用改善事例セミナーの申込み



開催日時

2013年12月13日(金) 15:00〜17:00|申込み締切 2013年12月12日(木)
会  場 野村総合研究所 丸の内総合センター(本社)8F
東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビル 8F
・JR東京駅 丸の内北口より徒歩2分
・地下鉄東西線 大手町駅 徒歩2分
・地下鉄丸の内線 東京駅 徒歩3分
(地下鉄の出口:B4出口またはB2c出口)

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|経営者CIO

会員限定で「運用改善事例セミナー」の続きが読めます

運用改善事例セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「運用改善事例セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

ITインフラの運用管理に関するアンケート(2017年7月) 【アイティメディア】 Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】 ITIL運用の最適解は? “残念なIT部門”を変えるITサービス管理ツールの条件 【クレオ】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
ITインフラの運用管理に関するアンケート(2017年7月) 「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインタフェースで一元的に行える。 システムの運用管理基準ITIL、注目の「ライフサイクル管理」とは?

「統合運用管理」関連の特集


内部統制やコンプライアンスを背景に今後も成長が期待できる「統合運用管理システムパッケージ」シェアをご…



情報システムの運用管理に十分な費用と労力をかけることができない中堅・中小企業にとって、クラウドは有効…



仮想化環境やクラウド環境など、ますます複雑化する企業システム。情報システム部門の人員削減も受け、簡単…


「統合運用管理」関連のセミナー

Hinemos ver.6.1 トレーニングコース(ハンズオン)監視・性能 編 【エヌ・ティ・ティ・データ先端技術】  

開催日 7月18日(水),7月20日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 9万7200円(税込)

Hinemosをより多くの方に使っていただけるよう、Hinemosの機能や使い方を、体系的に習得頂くための研修トレーニングを開催しております。・Hinemos …

運用自動化は何をどう「自動化」すれば効果がでるのか? 【オープンソース活用研究所/マジセミ】  

開催日 7月6日(金)   開催地 広島県   参加費 無料

〜ソフトバンクの運用自動化事例と、RPAの活用、ジョブ管理から、障害対応の自動化、イベントビューアの改善まで〜【増え続ける仮想ノードと、増え続ける管理者の負担】…

Hinemos トレーニングコース 自動化(業務・運用自動化)編 【エヌ・ティ・ティ・データ先端技術】  

開催日 9月19日(水),9月20日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 9万7200円(税込)

Hinemosをより多くの方に使っていただけるよう、Hinemosの機能や使い方を、体系的に習得頂くための研修トレーニングを開催しております。・Hinemos …

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

運用改善事例セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「運用改善事例セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50051737


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ