『使える』bodais活用セミナー〜営業効率化〜 

IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/12/02

『使える』bodais活用セミナー〜営業効率化〜 


アイズファクトリー


『使える』bodais活用セミナー〜営業効率化〜 のセミナー概要 『使える』bodais活用セミナー〜営業効率化〜 の申込み



開催日時

2013年12月12日(木) 13:30〜14:30|申込み締切 2013年12月9日(月)
2013年12月12日(木) 15:30〜16:30|申込み締切 2013年12月9日(月)
会  場 東京国際フォーラム
東京都千代田区丸の内3丁目5番1号 東京国際フォーラムガラス棟6階 G604会議室
有楽町駅より徒歩1分、東京駅より徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

24名
こんな方にオススメ

営業・販売 |全社スタッフ|経営者CIO

会員限定で「『使える』bodais活用セミナー〜営業効率化〜 」の続きが読めます

『使える』bodais活用セミナー〜営業効率化〜 」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「『使える』bodais活用セミナー〜営業効率化〜 」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ビッグデータ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

1台当たりの売り上げが11%増、全方位で顧客ニーズを探るビッグデータ活用術 【Talend】 SAS Visual Analytics 【SAS Institute Japan】 SAS Data Management 【SAS Institute Japan】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
1台当たりの売り上げが11%増、全方位で顧客ニーズを探るビッグデータ活用術 データ視覚化の基礎知識――チャート作成からビッグデータ処理まで 膨大・煩雑な生データを「使えるビジネス資産」に変換する方法

「ビッグデータ」関連の特集


IIJは自社のクラウド基盤上でビッグデータの高速処理システムを提供する「IIJ GIO Hadoop…



ソフトバンクが設置する全国40万カ所のWi-Fiアクセスポイントのデータ活用が本格始動?「ソーシャル…



既にクラウド上で大規模データ高速分析基盤を提供済みのIIJが、スタートアップの支援を目的とした「II…


「ビッグデータ」関連のセミナー

HPEストレージフォーラム 2017 【日本ヒューレット・パッカード】 締切間近 

開催日 10月19日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

2020年には、世界で生成されるデータ量が44ゼタバイトに達すると予測されています。スマホやセンサーが生み出すデータが指数関数的に増加するとみられているからです…

神奈川県ICT講座 【主催:神奈川県】  

開催日 10月28日(土),11月4日(土),11月18日(土),12月2日(土),12月16日(土)   開催地 神奈川県   参加費 無料

 神奈川県内におけるIoT導入を計画・立案できる人材の育成を目的として、神奈川県内に勤務する方を対象としたICT(情報通信技術)に関する無料講座として、 「神奈…

やってみよう IoT ハンズオンセミナー(2.5h体験コース) 【AIT】 締切間近 

開催日 10月27日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ぜひこの機会に、IBM Bluemix、IoTを体感頂き貴社IoTビジネスの推進・導入検討にお役立てください。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

『使える』bodais活用セミナー〜営業効率化〜 」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「『使える』bodais活用セミナー〜営業効率化〜 」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50051729


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ