IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/11/24

事例から学ぶVDI導入と「壁」


PC・ネットワークの管理・活用を考える会


事例から学ぶVDI導入と「壁」のセミナー概要 事例から学ぶVDI導入と「壁」のプログラム 事例から学ぶVDI導入と「壁」の申込み



開催日時

2013年12月17日(火) 15:00〜19:00|申込み締切 2013年12月16日(月)
会  場 クオリティソフト株式会社 
東京都千代田区麹町3-3-4 KDX麹町ビル
地下鉄・有楽町線 麹町駅 1番出口より徒歩1分
地下鉄・半蔵門線 半蔵門駅 1番出口より徒歩8分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括

会員限定で「事例から学ぶVDI導入と「壁」」の続きが読めます

事例から学ぶVDI導入と「壁」」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「事例から学ぶVDI導入と「壁」」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

ヒューマンエラーをなくし、業務効率も高める画期的な運用自動化ツール 【株式会社日立製作所、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社】 IoTで製造現場の安全管理はどのように変わるのか? 【富士通】 Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
ヒューマンエラーをなくし、業務効率も高める画期的な運用自動化ツール IoT活用最前線――製造現場に新たな安全管理を、IoTで変わる現場 「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。

「統合運用管理」関連の特集


キーマンズネット会員を対象に、「統合運用管理ツール」の導入状況を調査した結果をお届けします。



システムが勝手に判断し、リソースをコントロールする。90年代末に提唱された自律運用はどこまで進んだか…



統合運用管理ツールの導入率は全体で25.8%。今後導入を検討する企業では、セキュリティ強化も併せても…


「統合運用管理」関連のセミナー

ITサービスマネジメント(ITILファンデーション)試験対策研修 【IT&ストラテジーコンサルティング】  

開催日 3月27日(月)〜3月28日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 9万9900円(税込)

本研修は、ITサービスマネジメントとそのベストプラクティスであるITILの概要を2日間かけて学習していただき、世界共通資格であるITIL ファンデーション資格を…

ジョブ管理製品のマイグレーションへの第一歩! 【主催:アシスト】  

開催日 4月18日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

〜他社ジョブ管理製品からJP1への乗り換えの検討から構築までの具体的な手法をご紹介〜現在お使いのジョブ管理製品でお悩みや課題、要望をお持ちではないでしょうか。本…

Hinemos ver.6.0 製品発表 【エヌ・ティ・ティ・データ】  

開催日 4月18日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

Hinemos ver.6.0 製品発表を、2017年4月18日(火)に、東京ミッドタウン(六本木)にて開催します 。「Hinemos(R) ver.1.0」の…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

事例から学ぶVDI導入と「壁」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「事例から学ぶVDI導入と「壁」」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50051616


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ