IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/11/24

事例から学ぶVDI導入と「壁」


PC・ネットワークの管理・活用を考える会


事例から学ぶVDI導入と「壁」のセミナー概要 事例から学ぶVDI導入と「壁」のプログラム 事例から学ぶVDI導入と「壁」の申込み



開催日時

2013年12月17日(火) 15:00〜19:00|申込み締切 2013年12月16日(月)
会  場 クオリティソフト株式会社 
東京都千代田区麹町3-3-4 KDX麹町ビル
地下鉄・有楽町線 麹町駅 1番出口より徒歩1分
地下鉄・半蔵門線 半蔵門駅 1番出口より徒歩8分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括

会員限定で「事例から学ぶVDI導入と「壁」」の続きが読めます

事例から学ぶVDI導入と「壁」」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「事例から学ぶVDI導入と「壁」」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

継続的デリバリーを実現、Amelcoはアプリケーションデプロイをどう迅速化した? 【レッドハット】 クラウドインフラ管理が課題のSplunkは「Ansible Tower」導入でどう変わった? 【レッドハット】 クラウドとオンプレミスのハイブリッド環境を苦しめる運用負担、その解決策は? 【日本ヒューレット・パッカード】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
継続的デリバリーを実現、Amelcoはアプリケーションデプロイをどう迅速化した? クラウドインフラ管理が課題のSplunkは「Ansible Tower」導入でどう変わった? クラウドとオンプレミスのハイブリッド環境を苦しめる運用負担、その解決策は?

「統合運用管理」関連の特集


運用管理の課題は、いつどのレポートを見ても同じで変化はない。レガシーなシステムを得意としてきたIBM…



内部統制やコンプライアンスを背景に今後も成長が期待できる「統合運用管理システムパッケージ」シェアをご…



仮想化やクラウド利用の広がり、スマホやタブレットなどデバイスの多様化…。今、それぞれの環境と既存シス…


「統合運用管理」関連のセミナー

Hinemos トレーニングコース 自動化(業務・運用自動化)編 【エヌ・ティ・ティ・データ先端技術】  

開催日 6月20日(水),6月22日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 9万7200円(税込)

Hinemosをより多くの方に使っていただけるよう、Hinemosの機能や使い方を、体系的に習得頂くための研修トレーニングを開催しております。・Hinemos …

ランブックオートメーション ハンズオンセミナー 【野村総合研究所】  

開催日 6月5日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

数年前から運用自動化のキーワードとして聞くようになった「ランブック・オートメーション」ですが、実際に体験していただくと、運用自動化のメリットが具体的にイメージい…

JP1統合管理製品によるイベント管理の最適化! 【主催:アシスト】  

開催日 8月2日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

v9から機能強化が著しいJP1/IM製品によるイベント管理の効率化手法をご紹介JP1には、システム内で発生するあらゆる事象(イベント)が集約されます。これらはシ…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

事例から学ぶVDI導入と「壁」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「事例から学ぶVDI導入と「壁」」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50051616


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ