失敗事例から学ぶBIシステムのあるべき姿と再構築の方法

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/11/02

失敗事例から学ぶBIシステムのあるべき姿と再構築の方法


エス・アイ・サービス


失敗事例から学ぶBIシステムのあるべき姿と再構築の方法  のセミナー概要 失敗事例から学ぶBIシステムのあるべき姿と再構築の方法  のプログラム 失敗事例から学ぶBIシステムのあるべき姿と再構築の方法  の申込み



開催日時

2013年11月26日(火) 14:00〜17:00|申込み締切 2013年11月25日(月)
会  場 ウイングアークセミナールーム
東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー14F 
渋谷駅西口より 徒歩4分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|経営者CIO

会員限定で「失敗事例から学ぶBIシステムのあるべき姿と再構築の方法 」の続きが読めます

失敗事例から学ぶBIシステムのあるべき姿と再構築の方法 」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「失敗事例から学ぶBIシステムのあるべき姿と再構築の方法 」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

ExcelベースのオープンソースBI 「Jedox」 【KSKアナリティクス】 SAS Visual Analytics 【SAS Institute Japan】 Excelをドラッグ&ドロップで分析開始!BIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】
BI BI BI
予算・実績管理に特化したExcelベースのBI。Excelライクな操作性で使いやすく、スモールスタートが可能。 BIを生かす秘訣は「Microsoft Office」との連携にあり 専用クライアント不要。ブラウザベースで「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え分析結果を組織内で自由に共有することが可能。

「BI」関連の特集


導入前にBI利用のイメージが明確でないユーザ企業も多々あるとのこと。初めてBI利用に取り組む企業は、…



景気や先行きの不透明感を背景に、注目を集めて久しいBI。BIをより効果的に利用する考え方や活用方法と…



あの有名なIT企業でも、経営会議に向けたデータ分析に2週間も掛かっていた……。セゾン情報システムズが…


「BI」関連のセミナー

BIツール・BOARD体験セミナー 【日本ラッド】  

開催日 2月22日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

初めてBIツールを検討される方へ求めているBIツールが見つからない方へ既存のBIツールにご満足されていない方へBIツール・BOARDを使って、もっと自由に!もっ…

WebFOCUSハンズオンセミナー 【アシスト】  

開催日 4月23日(月)   開催地 大阪府   参加費 無料

見て体験してこそ分かる『WebFOCUS』を使用した情報活用成功術みなさんで情報活用できていますか?たとえば、社員に情報活用してもらいたいけれど・・・ ▼ユーザ…

BIツール・BOARD体験セミナー 【日本ラッド】  

開催日 2月8日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

初めてBIツールを検討される方へ求めているBIツールが見つからない方へ既存のBIツールにご満足されていない方へBIツール・BOARDを使って、もっと自由に!もっ…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

失敗事例から学ぶBIシステムのあるべき姿と再構築の方法 」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「失敗事例から学ぶBIシステムのあるべき姿と再構築の方法 」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50051310


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ