失敗事例から学ぶBIシステムのあるべき姿と再構築の方法

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/11/02

失敗事例から学ぶBIシステムのあるべき姿と再構築の方法


エス・アイ・サービス


失敗事例から学ぶBIシステムのあるべき姿と再構築の方法  のセミナー概要 失敗事例から学ぶBIシステムのあるべき姿と再構築の方法  のプログラム 失敗事例から学ぶBIシステムのあるべき姿と再構築の方法  の申込み



開催日時

2013年11月26日(火) 14:00〜17:00|申込み締切 2013年11月25日(月)
会  場 ウイングアークセミナールーム
東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー14F 
渋谷駅西口より 徒歩4分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|経営者CIO

会員限定で「失敗事例から学ぶBIシステムのあるべき姿と再構築の方法 」の続きが読めます

失敗事例から学ぶBIシステムのあるべき姿と再構築の方法 」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「失敗事例から学ぶBIシステムのあるべき姿と再構築の方法 」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

「スピード」と「使い勝手」に優れたBIツールが企業にもたらすメリットとは 【Tableau Japan】 ビジネスの決断を導く、説得力が増すデータ分析結果の伝え方 【Tableau Japan】 現代のビジネスを勝ち抜くために必要なモダン分析プラットフォームの構成要素 【Tableau Japan】
BI BI BI
「スピード」と「使い勝手」に優れたBIツールが企業にもたらすメリットとは ビジネスの決断を導く、説得力が増すデータ分析結果の伝え方 現代のビジネスを勝ち抜くために必要なモダン分析プラットフォームの構成要素

「BI」関連の特集


セルフサービスBIはどんな場面で活躍するのだろうか? 想定されるシーンを例にメリットを紹介。Exce…



BI導入の“失敗例”でよく聞くのが「活用されていない」という声。そんな声に対応し、現在のBIツールは…



 今回は「ビッグデータ」が量的にどれくらい伸びているのか?また、その中でも急激な伸びを示しているデー…


「BI」関連のセミナー

BIツール・BOARD体験セミナー 【日本ラッド】  

開催日 6月21日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

初めてBIツールを検討される方へ求めているBIツールが見つからない方へ既存のBIツールにご満足されていない方へBIツール・BOARDを使って、もっと自由に!もっ…

使いやすさを実感!LaKeel BI製品体験 無料セミナー 【レジェンド・アプリケーションズ】  

開催日 6月20日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

LaKeel BIは、シンプルな操作性、豊富なテンプレート、徹底したサポートによって、「誰でも、簡単に使いこなすことができる」セルフサービスBIです。本セミナー…

【名古屋】業績不振の原因究明!Qlik Senseデータ分析セミナー 【グランバレイ】  

開催日 4月23日(月),5月14日(月),6月11日(月)   開催地 愛知県   参加費 無料

経済産業省が昨年12月に実施した製造業の調査では、2/3の企業が製造現場で何らかデータを収集をしております。この収集データを基にした販売や製造管理の「見える化」…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

失敗事例から学ぶBIシステムのあるべき姿と再構築の方法 」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「失敗事例から学ぶBIシステムのあるべき姿と再構築の方法 」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50051310


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ