IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/10/24

ビッグデータ活用最先端セミナー


日本アイ・ビー・エム


ビッグデータ活用最先端セミナーのセミナー概要 ビッグデータ活用最先端セミナーの申込み



開催日時

2013年11月11日(月) 13:30〜17:15|申込み締切 2013年11月10日(日)
会  場 日本アイ・ビー・エム株式会社 本社事業所
東京都中央区日本橋箱崎町19-21
東京メトロ 東西線・日比谷線 茅場町駅4番b出口 徒歩7分
東京メトロ 半蔵門線 水天宮前駅2番出口 徒歩3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|その他

会員限定で「ビッグデータ活用最先端セミナー」の続きが読めます

ビッグデータ活用最先端セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「ビッグデータ活用最先端セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ビッグデータ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

SAS Event Stream Processing 【SAS Institute Japan】 オープンソース・機械学習ツール 「RapidMiner」 【KSKアナリティクス】 ビッグデータ時代のデータモデリング リレーショナル技術の制約をなくす考え方 【マークロジック】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
IoTの次なる活用法――データストリームのリアルタイム分析とは? ドラッグ&ドロップの操作で高度な分析を行えるノンプログラミングの機械学習ツール。120種類以上のアルゴリズムや分析モデルを標準装備し、多様なニーズに対応。 ビッグデータ時代のデータモデリング リレーショナル技術の制約をなくす考え方

「ビッグデータ」関連の特集


 昨今、ビジネス環境において「データ」や「デジタル」がトレンドワードになっています。読者の皆さまの会…



野村総合研究所が、データ分析のビジネス活用動向がどのように進展するかを予測した「ITロードマップ」を…



IBMのようなベンダでは、大企業と連携し、きわめて先進的な事例に取り組んでいるという印象があるだろう…


「ビッグデータ」関連のセミナー

アナリティクス実践セミナー『ビッグデータの進化と真価』 【日本電気】  

開催日 1月17日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

〜2018年1月17日(水) 東京開催〜NECはこのたび、 アナリティクス実践セミナー『ビッグデータの進化と真価』〜Hadoopの事例から学ぶ導入と活用のポイン…

ハンズオンで体験し理解する「統計学基礎」と「機械学習入門」 【KSKアナリティクス/オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 1月23日(火),1月24日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 8万1000円(税込み)(2日間)

【ビジネスでの成果が出ている、ビッグデータ解析】人工知能(AI)に先駆けて注目されてきたビッグデータ解析ですが、こちらは既に多くの企業でビジネス上の成果を出して…

Japan IT Week 関西 2018 セミナー 【主催者:リード エグジビション ジャパン】  

開催日 2月21日(水)〜2月23日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

【Japan IT Week 関西 2018 セミナー】Japan IT Week 関西 2018とは、320社が出展する関西最大*のIT専門展です。いま話題の…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ビッグデータ活用最先端セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ビッグデータ活用最先端セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50051139


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ