IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/10/05

IT運用プロセス改善セミナー


野村総合研究所


IT運用プロセス改善セミナーのセミナー概要 IT運用プロセス改善セミナーのプログラム IT運用プロセス改善セミナーの申込み



開催日時

2013年10月11日(金) 15:00〜17:00|申込み締切 2013年10月10日(木)
会  場 野村総合研究所 丸の内総合センター 9F (丸の内北口ビル)
東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビル 9F
・ JR東京駅 丸の内北口より徒歩2分
・ 地下鉄東西線 大手町駅 徒歩2分
・ 地下鉄丸の内線 東京駅 徒歩3分
※地下鉄の出口:B4出口またはB2c出口

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|経営者CIO

会員限定で「IT運用プロセス改善セミナー」の続きが読めます

IT運用プロセス改善セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「IT運用プロセス改善セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

従業員の業務量は限界寸前? ITサービスの自動化に向けて取るべき5つの行動 【ServiceNow Japan】 アプリケーションのデプロイを自動化、英国企業Amelcoに学ぶ継続的デリバリー 【レッドハット】 原因が多岐にわたるWebアプリケーションの遅延問題を迅速に解決する方法は? 【ゾーホージャパン】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
従業員の業務量は限界寸前? ITサービスの自動化に向けて取るべき5つの行動 アプリケーションのデプロイを自動化、英国企業Amelcoに学ぶ継続的デリバリー 原因が多岐にわたるWebアプリケーションの遅延問題を迅速に解決する方法は?

「統合運用管理」関連の特集


「運用管理に人を割く余裕がない…」企業のシステム環境が複雑化し、管理・監視対象が広がり、管理者の負担…



「『会社に14時間いて頑張りました』ということがお客さまの満足度につながるわけではない」と話すヴイエ…



クラウドの本格利用が進む中、課題も見えてきた。特に問題なのは、既存環境とクラウドの混在で運用管理はど…


「統合運用管理」関連のセミナー

運用改善事例セミナー 【野村総合研究所】 締切間近 

開催日 12月15日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ITシステムは所有から利用への流れが加速しています。運用部隊においては、システムを受け入れて安定運用するという役割が更に深化し、より積極的なITサービスマネジメ…

ユーザーからの「何か遅い」その原因を特定する仕組みと手順 【ゾーホージャパン】 注目 

開催日 12月19日(火),1月19日(金),3月22日(木)   開催地 神奈川県   参加費 無料

この手のツールの新規導入・乗り換えを検討中だけど...●どれくらいの費用感で何をどこまでできるのか知りたい●導入実績や製品の強みを知りたい●どのような手順で障害…

仮想化後によくある悩みとトラブルシューティング事例いろいろ 【ピー・ビーシステムズ/ゾーホージャパン】 注目 

開催日 1月17日(水)   開催地 福岡県   参加費 無料

●サーバー仮想化を実施したが原因不明の「何か遅い…」が解決できない●仮想サーバーが増加傾向にあり、管理が煩雑になりつつある●サーバー・ネットワーク統合監視ソフト…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IT運用プロセス改善セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IT運用プロセス改善セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50050889


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ