IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/09/27

「経営の可視化」最新事例セミナー


アシスト


「経営の可視化」最新事例セミナーのセミナー概要 「経営の可視化」最新事例セミナーのプログラム 「経営の可視化」最新事例セミナーの申込み



開催日時

2013年10月10日(木) 14:00〜17:00|申込み締切 2013年10月9日(水)
会  場 アルカディア市ヶ谷
東京都千代田区九段北4-2-25
都営地下鉄 新宿線 市ヶ谷駅 (A1またはA4出口)より徒歩2分
東京メトロ 有楽町線 市ヶ谷駅(1またはA1出口) より徒歩2分
東京メトロ 南北線 市ヶ谷駅 (1またはA1出口) より徒歩2分
JR 市ヶ谷駅 より徒歩2分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

160名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|システムの設計・運用

会員限定で「「経営の可視化」最新事例セミナー」の続きが読めます

「経営の可視化」最新事例セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「「経営の可視化」最新事例セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud 【ウイングアーク1st】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】
BI BI BI
様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。 Excelでの1日作業に圧倒的な差が!全社員が活用できたBIとは? 劇的に”脱Excel”を実現! 秘訣は「表現力とスピード感」――鳥居薬品事例

「BI」関連の特集


宅配事業において、各世帯の潜在ニーズの分析や実際のレスポンスが把握しにくいという課題を抱えていたコー…



ビジネス環境が変化して陳腐化していったBIツール。このような経験を繰り返さないためには、どのように選…



約290万人が利用する資生堂のWebサービス「ワタシプラス」、資生堂ではこれらの会員情報をEC売上拡…


「BI」関連のセミナー

Dr.Sumで学ぶ実践BIゼミ前知識ゼロからわかるハンズオンセミナー 【ウイングアーク1st】 注目 

開催日 7月26日(水)   開催地 福岡県   参加費 無料

本セミナーは2部構成となっております。第1部の製品紹介&ハンズオンでは今後データ活用ツールの導入をご検討されている企業様向けに、製品で解決できる課題や活用のポイ…

BIツール・BOARD体験セミナー 【日本ラッド】  

開催日 8月3日(木),8月10日(木),8月17日(木),8月24日(木),8月31日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

初めてBIツールを検討される方へ求めているBIツールが見つからない方へ既存のBIツールにご満足されていない方へBIツール・BOARDを使って、もっと自由に!もっ…

使いやすさを実感!LaKeel BI製品体験 無料セミナー 【レジェンド・アプリケーションズ】  

開催日 8月10日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

LaKeel BIは、シンプルな操作性、豊富なテンプレート、徹底したサポートによって、「誰でも、簡単に使いこなすことができる」セルフサービスBIです。本セミナー…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

「経営の可視化」最新事例セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「「経営の可視化」最新事例セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50050735


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ