IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 中部・北陸 > 愛知県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/09/18

製造業基幹業務にもスマホの波


パナソニック インフォメーションシステムズ


製造業基幹業務にもスマホの波のセミナー概要 製造業基幹業務にもスマホの波のプログラム 製造業基幹業務にもスマホの波の申込み



開催日時

2013年10月11日(金) 14:30〜17:00|申込み締切 2013年10月11日(金)
会  場 ウインクあいち(愛知県産業労働センター)13階 特別会議室 1303室
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
(JR・地下鉄・名鉄・近鉄)名古屋駅より
◎JR名古屋駅桜通口から  ミッドランドスクエア方面 徒歩5分
◎ユニモール地下街 5番出口 徒歩2分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

ネットワークの設計・運用 |情報システム部の統括|経営者CIO


セミナー概要

ERP導入効果・ROIを上昇させるマルチデバイス活用術


 弊社では、我が国特有の「現場主義」がERPパッケージ定着の障壁となるケースが多いことに着眼し、事務所内だけでなく「現場で」かつ「リアルタイム」にシステムの活用が可能なソリューションを実現させました。
 生産現場・入出庫管理・品質管理等において、すでに大きな導入効果を発揮しているケースが多いハンディターミナル対応はもちろん、今や広く完全に普及したスマートフォンやタブレットの活用も可能となる最新ソリューションです。
 ERP導入効果・ROIを上昇させるキーワード「基幹業務にもスマホの波」に視点を置いた今回のセミナーに、忙中とは存じますが、皆様の是非とものご参加をお待ち申し上げます。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2013/10/11
14:30〜14:35

ごあいさつ

講師 パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社
14:35〜15:20

基幹業務にもスマホの波〜ERP導入効果・ROIを上昇させるマルチデバイス活用〜

 数年前からは想像ができないほど、企業内でも「スマートデバイスの業務利用」が多くなり始めています。
 どうしても「バックオフィス」イメージの強いERPシステムですが、スマホやハンディターミナル等のデバイスを有効活用することによって劇的な業務効率UPを実現されたり、外出先からの基幹システムへのアクセスによって機会損失の激減(≒収益UP)を実現されている企業様が増えています。
 今回は「低コスト」でスマホやハンディターミナルをERPと融合させ、「短期」でその効果現出を実現させるためのコツと該当ソリューションのご紹介をさせていただきます。
講師 パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社
15:20〜15:30

(休憩)

15:30〜16:45

製造現場におけるERP徹底活用〜GRANDIT無線ハンディターミナルオプションのご紹介〜

 製造現場や倉庫のような「止められない現場での業務」の効率化は、基幹システムにおける効果実現上のボトルネックになっているケースが多いのが実状です。
 1・リアルタイム管理の実現、2・二重入力の排除によるミスの撲滅、3・バーコード対応による作業工数の軽減、の3つのコンセプトから誕生した「GRANDIT無線ハンディターミナルオプション」は、数千万円規模の投資が必要だった従来までの同等システムに比較し、はるかに「低価格」「短期間」での導入を可能としたシステムとなっています。
 今回は説明・講演のみならず、実際のマシンを実演操作し、操作イメージを分かりやすく実体験できることを目標としております。
講師 パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社
16:45〜17:00

質疑応答


このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社
TEL : 03-4335-9547
FAX : 03-4335-9555
e-mail : sales@ml.is-c.jp.panasonic.com


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50050580


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ