オープンソース業務システム活用方法ご紹介セミナー

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/09/12

オープンソース業務システム活用方法ご紹介セミナー


野村総合研究所


オープンソース業務システム活用方法ご紹介セミナーのセミナー概要 オープンソース業務システム活用方法ご紹介セミナーのプログラム オープンソース業務システム活用方法ご紹介セミナーの申込み



開催日時

2013年10月29日(火) 15:00〜18:00|申込み締切 2013年10月29日(火)
会  場 野村総合研究所 丸の内総合センター 9F 会議室10
東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビル
JR東京駅 丸の内北口より徒歩2分、地下鉄丸の内線 東京駅 徒歩3分、ほか 地下鉄各線 大手町駅 徒歩2〜6分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

製造・生産管理 |経営者CIO|情報システム部の統括

会員限定で「オープンソース業務システム活用方法ご紹介セミナー」の続きが読めます

オープンソース業務システム活用方法ご紹介セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「オープンソース業務システム活用方法ご紹介セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「勤怠管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「勤怠管理システム」関連の製品

クラウド勤怠管理システム 「バイバイ タイムカード」 【ネオレックス】 jinjer勤怠 【ネオキャリア】 クラウド勤怠管理システム 「バイバイ タイムカード」 【ネオレックス】
勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム
2年連続シェアNo.1(1,000人以上規模、2016年ミック経済研究所調べ)の勤怠管理システム。様々な打刻方法と柔軟なカスタマイズに対応し、サポート体制も充実。 マルチデバイス対応で、どこでも打刻・勤怠管理が可能。打刻方法のフレキシブルさ、出勤/シフト/申請管理のユーザビリティの高さから勤怠関連のパフォーマンス向上を実現。 2年連続シェアNo.1(1,000人以上規模、2016年ミック経済研究所調べ)の勤怠管理システム。様々な打刻方法と柔軟なカスタマイズに対応し、サポート体制も充実。

「勤怠管理システム」関連の特集


就業規則や各種法令…etc、押さえておきたいキーワードが盛りだくさん且つ人事・総務部門とのコミュニケ…



せっかく勤怠管理ツールを導入したのに「かえって人事や総務部門の作業が増えてしまった…」と言うことにな…



勤務時間を管理するために役立つ「勤怠管理ツール」。ここでは、本ツールがどのような基本機能を持っている…


「勤怠管理システム」関連のセミナー

『大改正に「今」から備える、改正労働基準法対策セミナー』 【エイコー】  

開催日 2月16日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

▼概要 長時間労働撲滅・健康管理・働き方改革・人材不足対応など、多くの課題に共通する“労働時間管理”。今後予定されている『改正労働基準法』では労働時間管理の在り…

『大改正に「今」から備える、改正労働基準法対策セミナー』 【エイコー】  

開催日 2月14日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

▼概要 政府による「働き方改革」が進められる中、ある大手企業において過重労働による自殺が労災認定され、世間からの注目を集めました。長時間労働は、従業員の健康を害…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

オープンソース業務システム活用方法ご紹介セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「オープンソース業務システム活用方法ご紹介セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50050518


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ