顧客行動を活かす!超効率的マーケティング術

IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/09/12

顧客行動を活かす!超効率的マーケティング術


シルバーエッグ・テクノロジー/ecbeing/サイバー・コミュニケーションズ


顧客行動を活かす!超効率的マーケティング術のセミナー概要 顧客行動を活かす!超効率的マーケティング術のプログラム 顧客行動を活かす!超効率的マーケティング術の申込み



開催日時

2013年10月10日(木) 13:00〜15:50|申込み締切 2013年10月10日(木)
会  場 東京国際フォーラム ガラス棟 G602
東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
有楽町駅より徒歩1分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

80名
こんな方にオススメ

営業・販売 |情報システム部の統括|経営者CIO

会員限定で「顧客行動を活かす!超効率的マーケティング術」の続きが読めます

顧客行動を活かす!超効率的マーケティング術」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「顧客行動を活かす!超効率的マーケティング術」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

営業組織がデジタル変革を推進すると収益はどれだけ成長するのか? 【日本マイクロソフト】 コールセンター向けCRMソフト inspirX 5(インスピーリファイブ) 【バーチャレクス・コンサルティング】 顧客対応を行う担当者の業務を効率化しながら、対応品質も上げていくには? 【バーチャレクス・コンサルティング】
CRM CRM CRM
営業組織がデジタル変革を推進すると収益はどれだけ成長するのか? 電話/メール/Web/SMSなどのマルチチャネルに対応したCRMソフトウェア。LINE連携や外部システム連携から得られるマーケティングデータの活用を促進する機能を強化。 顧客対応の現場のノウハウで作られた“痒いところに手が届く”CRM製品とは?

「CRM」関連の特集


国内/海外に10院を展開する聖心美容外科では、各拠点にコールセンタを設置し、独自CRMと連携させてい…



CRMは、初期費用は比較的簡単に計算できますが費用対効果が見えにくいシステムです。今回はCRMを導入…



営業力やマーケティング力を向上するためのマーケティング支援ツールの導入状況を調査。前編では「CRM」…


「CRM」関連のセミナー

Microsoft Dynamics365ハンズオンセミナー 【カコムス】 締切間近 

開催日 2月23日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

大変ご好評頂いておりますOffice365/Dynamics365/Microsoft Azure/SharePoint Onlineハンズオンセミナーを、2月…

テクマトリックス CRM FORUM 2018 【テクマトリックス】  

開催日 3月9日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

日本最大級のコンタクトセンター関係者向けイベント「テクマトリックス CRM FORUM 2018」を、2018年2月23日(金)、2018年3月9日(金)に大阪…

テクマトリックス CRM FORUM 2018 【テクマトリックス】 締切間近 

開催日 2月23日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

日本最大級のコンタクトセンター関係者向けイベント「テクマトリックス CRM FORUM 2018」を、2018年2月23日(金)、2018年3月9日(金)に大阪…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

顧客行動を活かす!超効率的マーケティング術」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「顧客行動を活かす!超効率的マーケティング術」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50050512


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ