NJCプラットフォームソリューションセミナー2013

IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/08/29

NJCプラットフォームソリューションセミナー2013


日本事務器


NJCプラットフォームソリューションセミナー2013のセミナー概要 NJCプラットフォームソリューションセミナー2013のプログラム NJCプラットフォームソリューションセミナー2013の申込み



開催日時

2013年9月11日(水) 14:00〜16:00|申込み締切 2013年9月10日(火)
会  場 梅田ダイビル18階 キヤノンマーケティングジャパン株式会社 会議室
大阪府大阪市北区梅田3-3-10
JR 大阪駅(桜橋口) 徒歩10分

参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|システムの設計・運用

会員限定で「NJCプラットフォームソリューションセミナー2013」の続きが読めます

NJCプラットフォームソリューションセミナー2013」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「NJCプラットフォームソリューションセミナー2013」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】 企業の絶え間ない向上に欠かせない、デジタルエクスペリエンス管理とは? 【リバーベッドテクノロジー】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。 企業の絶え間ない向上に欠かせない、デジタルエクスペリエンス管理とは?

「その他運用管理関連」関連の特集


今月は、いよいよ当記事の最終段階である「IT運用の将来像」について、私なりの見解を纏めて述べてみたい…



情報漏洩防止や法令遵守、グループ企業の統治強化・・・ガバナンスやリスク、コンプライアンスなど取り組み…



※ITIL is a Registered Trade Mark of the Cabinet Of…


「その他運用管理関連」関連のセミナー

経営リスク軽減の為の情報セキュリティガバナンスコース 【BSIグループジャパン】  

開催日 3月14日(水),6月15日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 4万932円(税込)

JIS Q 27001:2014において、ISMSに関してトップマネージメント(経営者)がリーダーシップ及びコミットメントを実証することが定められており、情報セ…

【8PDU】 SEのためのロジカルライティング実践 【アイテック】  

開催日 9月14日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 4万8600円(税込)

【講義とワークショップで学ぶ!】文書作成に必要なことは、伝えるべきことを明確にすることと、それをわかりやすく構成することです。徹底した文書作成トレーニング方式に…

運用自動化体験セミナー 【主催:アシスト】  

開催日 7月6日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

定常監視やメンテナンス等の定型業務、依頼や障害への対応作業などの運用業務が加速的に増加し、日々頭を悩まされていませんか。本セミナーでは、業務標準化、工数削減、品…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

NJCプラットフォームソリューションセミナー2013」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「NJCプラットフォームソリューションセミナー2013」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50050303


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ