IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/08/22

IT内部統制の諸問題に関する最新動向


システムエグゼ


IT内部統制の諸問題に関する最新動向のセミナー概要 IT内部統制の諸問題に関する最新動向の申込み



開催日時

2013年9月10日(火) 14:00〜16:50|申込み締切 2013年9月10日(火)
会  場 株式会社システムエグゼ セミナールーム
東京都中央区新川2-1-5 THE WALL 6階
東京メトロ日比谷線・東西線 茅場町駅
1番出口より徒歩約4分
東京メトロ日比谷線 八丁堀駅
A4出口より徒歩約3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |ネットワークの設計・運用|その他

会員限定で「IT内部統制の諸問題に関する最新動向」の続きが読めます

IT内部統制の諸問題に関する最新動向」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「IT内部統制の諸問題に関する最新動向」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合ログ管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合ログ管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合ログ管理」関連の製品

Logstorage(ログストレージ) 【インフォサイエンス】 SaaS型運用イベント分析プラットフォーム 「千里眼SaaS」 【アシスト】 ITシステム変更管理ソフトウェア Netwrix Auditor 【ラネクシー】
統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理
企業内やクラウド上に分散するITシステムのログデータを自動収集、統合管理することにより、セキュリティ対策、運用負荷の軽減を実現する純国産の統合ログ管理製品。 統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」が蓄積したログやイベントをSaaS型BIによって可視化、分析可能にするサービス。 ネットワーク上に蓄積されたActive Directoryやファイルサーバなどのさまざまな変更ログを一元管理し、セキュリティ情報や稼働情報などのレポートを自動生成。

「統合ログ管理」関連の特集


日々増え続ける上、一元管理できていないログを統合的に管理するシステムが今、注目されています。最新事情…



2009年度の市場規模が、前年比23.5%増の42億円であった「統合ログ管理ツール」。同製品の市場占…



情報漏洩対策を万全にすると、一方で不便になってしまうもの…。自由度を維持したまま、漏洩対策を行う技術…


「統合ログ管理」関連のセミナー

最新版Logstorageのご紹介セミナー 【インフォサイエンス】 締切間近 

開催日 5月17日(木),5月24日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

■第1部『最新版Logstorgeのご紹介』  13:30〜15:30 ログ活用の事例を交えながら、統合ログ管理システムLogstorage最新版の機能をご紹介…

標的型攻撃対策の見直しポイント発見セミナー 【主催:アシスト 】  

開催日 8月2日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

巧妙化する標的型攻撃には、マルウェア侵入を前提とした多層防御が必要です。多層防御には、何を実施し何を実施しないかの取捨選択が常に必要となります。本セミナーでは、…

標的型攻撃対策の見直しポイント発見セミナー 【主催:アシスト 】  

開催日 7月5日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

巧妙化する標的型攻撃には、マルウェア侵入を前提とした多層防御が必要です。多層防御には、何を実施し何を実施しないかの取捨選択が常に必要となります。本セミナーでは、…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IT内部統制の諸問題に関する最新動向」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IT内部統制の諸問題に関する最新動向」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50050234


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ