グラフ・レポート・ダッシュボードによる情報共有、BIセミナー

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > その他 > オンラインセミナー > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/08/20

グラフ・レポート・ダッシュボードによる情報共有、BIセミナー


クライム


グラフ・レポート・ダッシュボードによる情報共有、BIセミナーのセミナー概要 グラフ・レポート・ダッシュボードによる情報共有、BIセミナーの申込み



開催日時

2013年9月18日(水) 17:00〜17:50|申込み締切 2013年9月18日(水)
会  場 オンラインセミナー


参加費

無料
定 員

なし
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |プログラマ|全社スタッフ

会員限定で「グラフ・レポート・ダッシュボードによる情報共有、BIセミナー」の続きが読めます

グラフ・レポート・ダッシュボードによる情報共有、BIセミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「グラフ・レポート・ダッシュボードによる情報共有、BIセミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

テキストマイニングツール「Text Mining Studio」 【NTTデータ数理システム】 クラウド型BIツール「DragonFly BI」 【グレープシティ】 オープンソースBI「Pentaho」 【KSKアナリティクス】
BI BI BI
日本発のテキストマイニングツール。簡単な操作で本格的なテキストマイニングが可能。日本の企業文化に即した多彩な機能を搭載している。 『スプレッドシート』を独自に採用し、使いやすさにこだわったシンプルなクラウド型BIツール。 大規模エンタープライズクラスはもちろん、小規模導入にも対応したオープンソースBI/BAツール。サブスクリプションモデルの料金体系により、低コストでの導入/運用が可能。

「BI」関連の特集


ERP製品の動向に影響を受けるBIツール市場。自社ERP製品向けの需要が拡大しシェア32.9%を獲得…



産学官で推進するジャパン・クラウド・コンソーシアムにM2M・ビッグデータWGが設立。M2M(Mach…



ビジネス環境が変化して陳腐化していったBIツール。このような経験を繰り返さないためには、どのように選…


「BI」関連のセミナー

ビジュアル分析ツールTableau(R)ご紹介セミナー 【NECネクサソリューションズ】  

開催日 2月14日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

データ分析のツールとして注目の「セルフサービス型BIツール」。中でも多くの企業ユーザに支持されている「Tableau」の製品概要をご説明すると共に、特長について…

マイクロストラテジー・アナリティクス・アーキテクチャ説明会 【マイクロストラテジー・ジャパン】  

開催日 2月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

現場で活躍する弊社エンジニアがMicroStrategy製品の機能を包括的にご紹介するハンズオン体験つきのセミナーです。本セミナーでは、多様な分析要件に対応する…

BIツールを活用!「DragonFly BI」使い方 無料セミナー 【グレープシティ】  

開催日 1月31日(火),2月23日(木)   開催地 埼玉県   参加費 無料

セルフサービスBIツール「DragonFly BI(ドラゴンフライ ビーアイ)」はシンプルな操作と機能で、Excel感覚で利用できます。 本セミナーでは実際に、…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

グラフ・レポート・ダッシュボードによる情報共有、BIセミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「グラフ・レポート・ダッシュボードによる情報共有、BIセミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50050145


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ