IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/08/09

Pentahoオープントレーニング


KSKアナリティクス


Pentahoオープントレーニングのセミナー概要 Pentahoオープントレーニングの申込み



開催日時

2013年9月3日(火)〜2013年9月5日(木) 10:00〜17:00|申込み締切 2013年9月2日(月)
会  場 TechFun株式会社 トレーニングルーム
東京都台東区東上野1-7-15 野村不動産東上野ビル3階
都営大江戸線 新御徒町駅 A1出口 徒歩1分

地図はこちら
参加費

有料 14万7000円/税込
定 員

8名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|営業・販売

会員限定で「Pentahoオープントレーニング」の続きが読めます

Pentahoオープントレーニング」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「Pentahoオープントレーニング」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

オールインワン・セルフBIツール「LaKeel BI」 【レジェンド・アプリケーションズ 】 スプレッドシートでのデータ分析から脱却し、データからさらなる価値を引き出す 【Tableau Japan】 クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud 【ウイングアーク1st】
BI BI BI
ETL機能搭載。複数データの統合・分析・レポーティングをこれ1つで実現できるオールインワンBIツール。
サーバライセンス型のため、大人数での利用も一定コストで可能。
スプレッドシートでのデータ分析から脱却し、データからさらなる価値を引き出す 様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。

「BI」関連の特集


BI導入の“失敗例”でよく聞くのが「活用されていない」という声。そんな声に対応し、現在のBIツールは…



セルフサービスBIは、従来のBIツールやExcelと比べて何を得意としているのか? 4つのポイントに…



BIって難しいモノで、専門の人しか触れないと思っていませんか?それは大きな間違いなんです!ぜひココで…


「BI」関連のセミナー

特長も操作もハッキリ分かる!中堅中小企業向けBI紹介セミナー 【エヌジェーケー】  

開催日 5月8日(火),5月22日(火),6月5日(火),6月19日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

DataNature Smartは…現場担当者や経営者それぞれのニーズに応じたアドホックなデータ活用から定型的な分析・集計までを、ボタンをクリックするだけの簡単…

BIツール・BOARD体験セミナー 【日本ラッド】  

開催日 5月24日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

初めてBIツールを検討される方へ求めているBIツールが見つからない方へ既存のBIツールにご満足されていない方へBIツール・BOARDを使って、もっと自由に!もっ…

BIツール TableauDesktopハンズオンセミナー 【ソフィア総合研究所】 締切間近 

開催日 5月25日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――社内のデータを有効活用したい方、データ分析に掛かっている工数を削減したい方必見! ――…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Pentahoオープントレーニング」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Pentahoオープントレーニング」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50049976


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ