IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/08/09

今、特権ID管理の対策が急務!


アシスト


今、特権ID管理の対策が急務!のセミナー概要 今、特権ID管理の対策が急務!の申込み



開催日時

2013年9月3日(火) 15:00〜17:00|申込み締切 2013年9月2日(月)
会  場 アシスト市ヶ谷セミナールーム
東京都千代田区九段北4-2-1
JR 市ヶ谷駅 より徒歩4分
都営地下鉄新宿線 市ヶ谷駅A4出口 徒歩1分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

24名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|システムの設計・運用
参加者プレゼント
オリジナルグッズ

会員限定で「今、特権ID管理の対策が急務!」の続きが読めます

今、特権ID管理の対策が急務!」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「今、特権ID管理の対策が急務!」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

オープンソース統合ID管理 Unicorn ID Manager 【オープンソース・ソリューション・テクノロジ】 管理者権限の誤用や悪用をどう防ぐ? リスク要因に合わせた特権ID管理の秘訣 【エンカレッジ・テクノロジ】 ユーザID所有者見える化ソリューション 「アカンサス」 【NTTテクノクロス】
ID管理 ID管理 ID管理
複数システムのID管理情報を一括管理するオープンソースの統合ID管理ソフトウェア。過剰な機能を抑え必要な機能に絞ることで、低価格での提供を実現している。 管理者権限の誤用や悪用をどう防ぐ? リスク要因に合わせた特権ID管理の秘訣 さまざまな情報ソースから「人」と「ID」の情報を収集し、膨大に存在するIDの所有者を明確化・可視化するための統合ID管理ソリューション。

「ID管理」関連の特集


ユーザ管理やセキュリティ対策の根幹にあるID管理は、オンプレミスに閉じた環境からクラウドへの展開を加…



大規模な人事異動もなんのその!業務システムのID管理は「アイデンティティ管理ツール」でまとめてやって…



 会社の規模、サーバ台数に関わらず、重要なデータが格納されているサーバのアカウント管理、権限管理は非…


「ID管理」関連のセミナー

事例から学ぶ特権ID管理セミナー:製品選定のポイントと活用事例 【NTTテクノクロス】  

開催日 9月29日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

IT統制の取り組みがスタートし、IT全般統制などの法令監査において特権IDの管理に関する監査が、年々厳しさを増しています。また、マイナンバーやPCI DSSなど…

認証・ID管理の新たな選択肢「IDaaS」 【主催:アイピーキューブ/日本システムウエア/協力:オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 8月1日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

【内部不正や標的型攻撃への対応などでますます重要になる「認証とID管理」】企業における認証やID管理は、以前からのテーマですが、近年その重要性はますます高まって…

事例から学ぶ特権ID管理セミナー:製品選定のポイントと活用事例 【NTTテクノクロス】  

開催日 8月24日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

IT統制の取り組みがスタートし、IT全般統制などの法令監査において特権IDの管理に関する監査が、年々厳しさを増しています。また、マイナンバーやPCI DSSなど…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

今、特権ID管理の対策が急務!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「今、特権ID管理の対策が急務!」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50049971


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ