IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/08/03

WebFOCUSハンズオンセミナー


アシスト


WebFOCUSハンズオンセミナーのセミナー概要 WebFOCUSハンズオンセミナーの申込み



開催日時

2013年9月19日(木) 13:30〜17:00|申込み締切 2013年9月18日(水)
会  場 株式会社アシスト 西日本支社 セミナールーム
大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪タワーA 13階
■JR 大阪駅徒歩1分     
■阪神 梅田駅徒歩4分
■阪急 梅田駅徒歩5分
■地下鉄 御堂筋線梅田駅徒歩3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

10名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|システムの設計・運用

会員限定で「WebFOCUSハンズオンセミナー」の続きが読めます

WebFOCUSハンズオンセミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「WebFOCUSハンズオンセミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

オープンソースBI「Pentaho」 【KSKアナリティクス】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 MotionBoard 【ウイングアーク1st】
BI BI BI
大規模エンタープライズクラスはもちろん、小規模導入にも対応したオープンソースBI/BAツール。サブスクリプションモデルの料金体系により、低コストでの導入/運用が可能。 “かんたん、きれい、わかりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することができる。
複数のデータソースからの情報を、一元的に可視化するダッシュボード製品。誰でも使える分かりやすさを備え、モバイル対応でリアルタイムに情報を集計・分析できる。

「BI」関連の特集


ERP製品の動向に影響を受けるBIツール市場。自社ERP製品向けの需要が拡大しシェア32.9%を獲得…



「ビッグデータと言われても…」予算高に人手不足など中小企業では敷居が高かった社内外のデータ活用。そん…



BIって難しいモノで、専門の人しか触れないと思っていませんか?それは大きな間違いなんです!ぜひココで…


「BI」関連のセミナー

Qlik バーチャルイベント■ 2017年:データリテラシーの年■ 【主催 クリックテック・ジャパン】 締切間近 

開催日 4月4日(火)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

★事前登録者限定で、後日、本イベントのオンデマンド版を配信いたします。当日のご予定がまだ分からないという方も、是非お早めにお申込みください。多くの組織と従業員が…

使いやすさを実感!LaKeel BI製品体験 無料セミナー 【レジェンド・アプリケーションズ】  

開催日 4月12日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

LaKeel BIは、シンプルな操作性、豊富なテンプレート、徹底したサポートによって、「誰でも、簡単に使いこなすことができる」セルフサービスBIです。本セミナー…

ビジネス管理プラットフォーム「Domo」ハンズオンセミナー 【富士通】  

開催日 4月14日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

 今般、クラウド型BI(ビジネスインテリジェンス)分析ツールの新しい形である、ビジネス管理プラットフォームDomoの機能を実機で体験いただける「データに基づく迅…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

WebFOCUSハンズオンセミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「WebFOCUSハンズオンセミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50049866


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ