中小企業が直面するクロスボーダー取引の留意点

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/07/18

中小企業が直面するクロスボーダー取引の留意点


ビジネス・アソシエイツ/あいわ税理士法人


中小企業が直面するクロスボーダー取引の留意点のセミナー概要 中小企業が直面するクロスボーダー取引の留意点の申込み



開催日時

2013年8月9日(金) 14:00〜17:00|申込み締切 2013年8月8日(木)
会  場 株式会社ビジネス・アソシエイツ 4F セミナールームA
東京都港区港南2-5-3 オリックス品川ビル4F
品川駅港南口より徒歩1分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

経営者CIO |営業・販売|情報システム部の統括

会員限定で「中小企業が直面するクロスボーダー取引の留意点」の続きが読めます

中小企業が直面するクロスボーダー取引の留意点」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「中小企業が直面するクロスボーダー取引の留意点」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

楽楽精算 【ラクス】 クラウド交通費・経費精算システム「Dr.経費精算」 【BearTail】 成功企業のSalesforce×Fintechを活用した電子請求の構築事例 【Cloud Payment】
会計システム 会計システム 会計システム
交通費をはじめ、あらゆる経費の申請・承認・精算を楽楽精をラクにする、累計導入社数NO.1のクラウド型経費精算システム。 領収書をスマホで撮影するだけで、経費申請データをオペレーターが入力代行。経費精算にかかる手間と時間を大幅に削減できるクラウド経費精算システム。 Salesforce〜会計まで一気通貫! 請求や集金も自動化できるシステムの成功秘話

「会計システム」関連の特集


人材難の中小企業にとってすべてを自社で処理するのは難しい。そこで注目されるのが税理士など外部の専門家…



 「領収書の電子化が進めば日本全体で1兆円ものコスト削減効果が見込める」――そう語るのは旅費や経費精…



企業にお勤めの方359人を対象に、1カ月あたりの経費精算額や経費申請の方法など調査しました。中小企業…


「会計システム」関連のセミナー

ICS会計システムセミナー2017 春 【ICSパートナーズ】  

開催日 3月7日(火)   開催地 北海道   参加費 無料

今回の『ICS会計システムセミナー2017春』では“「コックピット経営」、本格始動へ。”と題し各種プログラムを準備させて頂きました。ユーザー導入事例では、検討の…

【東京】ZeeM 固定資産管理のご紹介 【クレオマーケティング】  

開催日 1月20日(金),2月21日(火),3月23日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

【東京】ZeeM 固定資産管理のご紹介〜IFRS対策や物品管理の一元化、予算作成のためのシミュレーションまで〜IFRS対応などを機に、固定資産管理のあり方を見直…

最新の経理業務ソフトを活用!領収書・請求書を楽々データ化 【CloudPayment/クラビス】  

開催日 3月7日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

単純な入力作業や、毎月のルーティン作業はどうすれば効率よく処理できるのか月末月初に増えてしまう残業時間、どうやって減らそうか もっと生産性の高い業務に時間を充て…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

中小企業が直面するクロスボーダー取引の留意点」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「中小企業が直面するクロスボーダー取引の留意点」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50049644


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ