Salesforceを核とするデータコントロールで業務効率化

IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/06/28

Salesforceを核とするデータコントロールで業務効率化


エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア/テラスカイ


Salesforceを核とするデータコントロールで業務効率化のセミナー概要 Salesforceを核とするデータコントロールで業務効率化のプログラム Salesforceを核とするデータコントロールで業務効率化の申込み



開催日時

2013年7月4日(木)|申込み締切 2013年7月3日(水)
会  場 テラスカイセミナールーム
東京都中央区八重洲1-6-6 八重洲センタービル7F
各線 東京駅 徒歩3分  (JR山手線、中央線、京浜東北線、東海道線、横須賀線、新幹線等)
各線 日本橋駅 徒歩4分 (銀座線、東西線、浅草線)

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |営業・販売|全社スタッフ

会員限定で「Salesforceを核とするデータコントロールで業務効率化」の続きが読めます

Salesforceを核とするデータコントロールで業務効率化」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「Salesforceを核とするデータコントロールで業務効率化」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

顧客の「快」を最大化、顧客志向に転換する4つのステップとアクションとは? 【アドビ システムズ】 Microsoft Dynamics 365 Customer Engagement 【日立ソリューションズ】 CRMとビジネス向けSNSが融合、ソーシャルコラボで得られる新たなメリットとは? 【日本マイクロソフト】
CRM CRM CRM
顧客の「快」を最大化、顧客志向に転換する4つのステップとアクションとは? セールス、カスタマーサービス、フィールドサービス、ポータルなど、カスタマーエンゲージメントを高めるためのマイクロソフトのビジネスアプリケーション。 CRMとビジネス向けSNSが融合、ソーシャルコラボで得られる新たなメリットとは?

「CRM」関連の特集


 日本経済は本格的な成熟期を迎え、少子高齢化、消費ニーズの多様化、消費動機の変化などの背景もあり、作…



本格的にSaaS利用に踏み切る企業が増えている「統合型CRM」市場。同製品SaaS型の市場占有率をお…



営業力やマーケティング力を向上するためのマーケティング支援ツールの導入状況を調査。前編では「CRM」…


「CRM」関連のセミナー

【6/9(土)】マーケティングの切り口から中小企業の未来を支援 【ITコーディネータ多摩協議会】  

開催日 6月9日(土)   開催地 東京都   参加費 有料 3000円(税込・懇親会除く)

ITC多摩勉強会第1回目は中小企業ではおろそかになりがちな、「マーケティングの視点での経営支援」や「データ活用による営業力強化」について、実際に中小企業の支援を…

Dynamics 365【初級者向け 無料ハンズオンセミナー】 【カコムス】  

開催日 5月25日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

ご好評いただいていますOffice 365/SharePoint/Azureハンズオンセミナーが2018年4月よりMicrosoftゼミナールにリニューアル!更…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Salesforceを核とするデータコントロールで業務効率化」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Salesforceを核とするデータコントロールで業務効率化」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50049367


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ