IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/06/26

システム資産の利活用


JIEC/CA Technologies


システム資産の利活用のセミナー概要 システム資産の利活用の申込み



開催日時

2013年9月10日(火) 13:45〜16:45|申込み締切 2013年9月9日(月)
会  場 BIZ新宿(新宿区立産業会館) 3階 研修室A
東京都新宿区西新宿6丁目8番2号
●東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅(2番出口)」下車5分
●都営地下鉄大江戸線「都庁前駅(A5番出口)」下車8分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

25名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用

会員限定で「システム資産の利活用」の続きが読めます

システム資産の利活用」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「システム資産の利活用」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

Mendix App Platform(超高速開発ツール、モデル駆動) 【ビルドシステム】 システム設計専用ツール「Verasym System Designer(VSSD)」 【第一コンピュータリソース】 多機能・高精細ビューイングエンジン PrizmDoc 【ラネクシー】
開発ツール 開発ツール 開発ツール
ソースコードを記述することなくアプリケーションを作成できる超高速開発ツール。モバイルアプリから、IoT、Cognitive対応のアプリまで、専門知識なしで容易に作成。 システム開発における要件定義、外部・内部設計などシステムの設計を行う専用ツール。ドキュメントごとに専用インタフェースが用意されており効率よく設計作業を行える。 PrizmDoc は開発ツールです。Webアプリケーション上に構築するビューイングエンジンです。低コストで効率的に多機能・高精細ビューイングソフトを作成可能。

「開発ツール」関連の特集


受注した新システムにはハードウェア・ミドルウェアに依存しない移植性の高さが求められ、Javaによる開…



「Java」が浸透したことで、同じオブジェクト指向に基づく設計用言語、UML に注目が集まってきてい…



予約が取れないと話題な新橋の人気居酒屋「魚金」。急成長の一方で、外国人従業員や有給などの管理業務は煩…


「開発ツール」関連のセミナー

“Excelでどこまでできるか”「StiLL」体験セミナー 【アイエルアイ総合研究所】  

開催日 10月24日(火),11月7日(火),11月21日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

Excelプラットフォームプログラム開発ツール『StiLL』のプログラム作成体験セミナーです。システム化ソリューション実現を “Excelと開発ツール「StiL…

【SER-3】Ranorexハンズオンセミナー 【テクマトリックス】  

開催日 10月30日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

サンプルデスクトップアプリケーションのテストを中心に、Ranorexによる機能テストの方法をハンズオン形式で学びます。セミナーを通して、Ranorexの基本機能…

GitHub Enterpriseとアジャイル開発まるわかりセミナー 【マクニカネットワークス】  

開催日 10月31日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今あらゆる製品やサービスのデジタル化が進み、ソフトウェア開発の重要性が増しています。「品質」、「コスト」、「納期」の相反する要求に応え新しい製品やサービスをい…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

システム資産の利活用」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「システム資産の利活用」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50049328


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ