IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/05/25

中国進出企業向けグローバルセミナー


日立システムズ


中国進出企業向けグローバルセミナーのセミナー概要 中国進出企業向けグローバルセミナーのプログラム 中国進出企業向けグローバルセミナーの申込み



開催日時

2013年6月26日(水) 14:00〜17:00|申込み締切 2013年6月25日(火)
会  場 日立システムズ 本社2階
東京都品川区大崎1-2-1
JR山手線/りんかい線大崎駅 北改札口より徒歩3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|その他

会員限定で「中国進出企業向けグローバルセミナー」の続きが読めます

中国進出企業向けグローバルセミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「中国進出企業向けグローバルセミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

GRANDIT 【双日システムズ】 FutureStage 商社・卸向け販売管理/財務会計・管理会計システム 【日立ソリューションズ】 中堅・中小企業向けERP SAP Business One 【SAPジャパン】
ERP ERP ERP
基幹業務に留まらず、ワークフロー、BI、ECなどを標準機能で統合した純国産のWeb-ERP。双日システムズによるアドオンテンプレートの提供も。 パッケージとスクラッチ開発のメリットを併せ持つ、卸売業・商社向け『販売管理・財務・管理会計の統合ソリューション』。
事業モデルに応じ、テンプレートを提供可能。
会計管理から、顧客管理、購買管理、サービス、生産管理、プロジェクト管理まで、主要な業務プロセスの合理化・効率化を低価格かつ簡単な操作で実現できるクラウド型ERP。

「ERP」関連の特集


ビッグデータを売上促進やリスク回避などに活用する場合、ERPのデータを軸としつつ、様々な情報を加えて…



IFRSで情シス対応が考えられる業務システムを公開!老朽ERPパッケージによるシステムの硬直化など、…



原料調達、バルク製造、充填、包装・仕上げ、検査、出荷といったプロセスを経て生産される化粧品。生産スケ…


「ERP」関連のセミナー

純国産ERP「GRANDIT」最新版Ver2.3ハンズオンセミナー 【主催:双日システムズ/協力:GRANDIT】  

開催日 1月27日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

純国産ERPパッケージ「GRANDIT」の最新版「Version2.3」がリリースされました。 この「Version2.3」を実機を使って、その機能、操作性を体…

Biz∫SCAW製番管理システム製品説明会 【名古屋】 【エヌ・ティ・ティ・データ関西】  

開催日 1月19日(木),12月15日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

 業務効率化を進める上で業種業態を問わず、業務の統合マネジメントは重要なテーマとなっています。受注生産・個別受注生産形態をベースとしている「Biz∫SCAW製番…

重要文書に対するe-文書法への取り組み TVサテライト(大阪) 【NECネクサソリューションズ/日本電気】 締切間近 

開催日 12月15日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

e-文書法を意識した重要書類のリスク管理についてご紹介します。※本セミナーは東京にて開催するセミナーを同時中継するサテライト聴講になります。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

中国進出企業向けグローバルセミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「中国進出企業向けグローバルセミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50048760


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ