ARCserve D2D無償ハンズオン実機トレーニング

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/05/20

ARCserve D2D無償ハンズオン実機トレーニング


CA Technologies


ARCserve D2D無償ハンズオン実機トレーニング のセミナー概要 ARCserve D2D無償ハンズオン実機トレーニング の申込み



開催日時

2013年6月11日(火) 14:00〜17:00|申込み締切 2013年6月11日(火)
2013年6月19日(水) 14:00〜17:00|申込み締切 2013年6月19日(水)
会  場 CA Technologies JA共済ビル
東京都千代田区平河町2-7-9 JA共済ビル9F
東京メトロ
 半蔵門線・有楽町線・南北線:「永田町」駅徒歩2分
 銀座線・丸ノ内線:「赤坂見附」駅徒歩2分(「永田町」駅直結)
 有楽町線:「麹町」駅徒歩4分
 半蔵門線:「半蔵門」駅徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

16名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括

会員限定で「ARCserve D2D無償ハンズオン実機トレーニング 」の続きが読めます

ARCserve D2D無償ハンズオン実機トレーニング 」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「ARCserve D2D無償ハンズオン実機トレーニング 」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】 イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】 オールフラッシュ時代の「業務を止めない」バックアップ&リストアとは 【日本ヒューレット・パッカード】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。 稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。 業務のスピードアップを目的としたフラッシュストレージ導入が盛んだが、システムリカバリーの視点が欠落しがちだ。事業リスクを最小化する戦略的選択を考える。

「バックアップツール」関連の特集


 バックアップ製品というと、どのような製品を思い浮かべられるでしょうか?キーマンズネットのバックアッ…



脚光を浴びる「データ重複排除機能」とは!?バックアップ業務にお悩みの方にこそお届けしたい、最新の注目…



分かっちゃいるけどやってない――誰もがその重要性を理解しつつも、クライアントPCのバックアップは企業…


「バックアップツール」関連のセミナー

ActiveImage Protector for Hyper-V Enterprise実践セミナー 【ネットジャパン】  

開催日 11月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

Hyper-V仮想環境に最適なバックアップソフト、ActiveImage Protetor Hyper-V Enterpriseは、Microsoft社の仮想化…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ARCserve D2D無償ハンズオン実機トレーニング 」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ARCserve D2D無償ハンズオン実機トレーニング 」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50048644


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ