【名古屋開催】企業が知っておくべきハッキングの実情

IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > IPS > IPSのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 中部・北陸 > 愛知県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/05/17

【名古屋開催】企業が知っておくべきハッキングの実情


主催:図研ネットウエイブ/グローバルセキュリティエキスパート/協賛:フォーティネットジャパン


【名古屋開催】企業が知っておくべきハッキングの実情のセミナー概要 【名古屋開催】企業が知っておくべきハッキングの実情のプログラム 【名古屋開催】企業が知っておくべきハッキングの実情の申込み



開催日時

2013年6月27日(木) 15:00〜17:00|申込み締切 2013年6月26日(水)
会  場 ABC貸会議室 4F 第4会議室
愛知県名古屋市中村区椿町16-23 名駅ABCビル
交通機関:
■JR、新幹線、名鉄、近鉄「名古屋」 新幹線(西口)より徒歩1分
■地下鉄東山線、桜通線「名古屋」  新幹線(西口)より徒歩1分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|ネットワークの設計・運用

会員限定で「【名古屋開催】企業が知っておくべきハッキングの実情」の続きが読めます

【名古屋開催】企業が知っておくべきハッキングの実情」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「【名古屋開催】企業が知っておくべきハッキングの実情」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「IPS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IPS」関連情報をランダムに表示しています。

「IPS」関連の製品

7つのチェックで安心・納得、IPS(不正侵入防御システム)導入 【日本アイ・ビー・エム】 エンドポイントセキュリティサービス EPSecurity 【インテック】 実は導入率がかなり低いIDS/IPS 運用負荷を理由に未導入で本当にいいのか 【日本アイ・ビー・エム株式会社】
IPS IPS IPS
7つのチェックで安心・納得、IPS(不正侵入防御システム)導入 マルウェア対策のエンドポイントセキュリティ。フルクラウド型の検出方式により端末動作の軽快さをキープ。未知のマルウェアも怪しい振る舞いを検知してブロックできる。 実は導入率がかなり低いIDS/IPS 運用負荷を理由に未導入で本当にいいのか

「IPS」関連の特集


怪しい振る舞いや攻撃、不正侵入の試みを検知し、リアルタイムに接続を制御できる「IPS」!簡単アニメで…



 前回、ノマドワーキング時に公衆回線からネットワークに接続することで、マルウェアの感染リスクが高まる…



標的型攻撃による遠隔操作被害を防ぐ新セキュリティ対策「チョークポイント監視」が登場!IPS/IDSと…


「IPS」関連のセミナー

Japan Security Vision 2017 【インターナショナルデーターコーポレイションジャパン】 締切間近 

開催日 3月2日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

■セキュリティは企業の経営戦略の要となる2020年に向かって、デジタルトランスフォーメーション(DX)[※]に対する企業の動きが加速していきます。企業がDXを実…

脅威の巧妙化に伴い注目される“サイバーレジリエンス”とは 【マカフィー】 締切間近 

開催日 3月8日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

ここ数年レジリエンスというキーワードが、新たなアプローチが必要となっている現在の状況を表しているキーワードの一つとして取り上げられることが多くなりました。“レジ…

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

【名古屋開催】企業が知っておくべきハッキングの実情」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「【名古屋開催】企業が知っておくべきハッキングの実情」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50048567


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > IPS > IPSのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ