IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/05/16

今の時代の経営のあり方とは!?


ブランドダイアログ


今の時代の経営のあり方とは!?のセミナー概要 今の時代の経営のあり方とは!?の申込み



開催日時

2013年5月22日(水) 15:30〜18:00|申込み締切 2013年5月22日(水)
会  場 ブランドダイアログ株式会社本社 大会議室
東京都港区赤坂2-17-22 赤坂ツインタワー本館6階
東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王駅」より徒歩5分
東京メトロ千代田線「赤坂駅」より徒歩7分
東京メトロ千代田線・丸の内線「国会議事堂前駅」より徒歩7分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|営業・販売

会員限定で「今の時代の経営のあり方とは!?」の続きが読めます

今の時代の経営のあり方とは!?」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「今の時代の経営のあり方とは!?」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

統合型CRMソリューション Visionary 【フュートレック】 データ活用時代に生き残るための、新たなデータ分析基盤戦略とは 【システムサポート+他】 Microsoft Dynamics CRM Online 【日本マイクロソフト】
CRM CRM CRM
「顧客を知る」ための多彩な機能を備え、マーケティング施策の効果向上を支援するCRM(顧客管理)ソリューション。
O2Oに対応した機能により、店舗とECの統合管理が可能。
データ分析に注目していても、その基盤を整えるためのコストや手間が障壁となっている企業は多い。しかし手の届くDWHがあれば、データ活用時代に競争力を増せるはずだ。 情報共有基盤の刷新で商談計画を可視化、中堅・中小製造業を支えるツールとは?

「CRM」関連の特集


 これまでクラウドのメリットや導入に関するポイントなどをご紹介してきましたが、読者の皆様から、導入事…



 前回までで、あなたの会社や商品・サービスの価値をつくり、どこの接点でどんな表現をしていくかをご紹介…



せっかくMAを導入しても、当初想定していたほどの効果を上げられなかったり、業務現場でほとんど活用され…


「CRM」関連のセミナー

CRM Insight分析体験セミナー 【NTTデータ数理システム】 締切間近 

開催日 4月25日(火),6月7日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

CRM Insightは、ブラウザ上で動作する手軽なCRM分析システムです。POSデータや会員データをサーバー上においておけば、クライアント側ではブラウザを起動…

【IT業界向け】MAを活用した顧客獲得・維持マーケティング 【マルケト】 締切間近 

開催日 6月2日(金)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

IT関連製品・サービスなどを提供するIT事業者の方に向けたセミナーを開催いたします。ITサービス業界は市場が拡大し続ける一方で、サービスの乱立・低価格化による新…

事例に学ぶ、保守・メンテ業務の働き方改革 【パナソニック インフォメーションシステムズ/レッドフォックス】  

開催日 6月23日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

保守・メンテナンス業務では、作業が終わっても報告書作成のために一旦帰社しなければならないことが多く「システム入力が負担」「夜間残業を減らしたい」などのお悩みがよ…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

今の時代の経営のあり方とは!?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「今の時代の経営のあり方とは!?」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50048563


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ