IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/05/09

第2回 最新テクノロジーセミナー


ソフトバンク・テクノロジー


第2回 最新テクノロジーセミナーのセミナー概要 第2回 最新テクノロジーセミナーのプログラム 第2回 最新テクノロジーセミナーの申込み



開催日時

2013年5月15日(水) 18:00〜20:00|申込み締切 2013年5月14日(火)
会  場 ソフトバンク・テクノロジー 汐留オフィス
東京都港区東新橋2-3-3 ルオーゴ汐留10階
最寄駅
「汐留駅」より徒歩5分(大江戸線、ゆりかもめ)
「新橋駅」より徒歩6分(JR、銀座線、浅草線)

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|経営者CIO
参加者プレゼント
セッション後に、軽食/ドリンク類をご用意しています!

会員限定で「第2回 最新テクノロジーセミナー」の続きが読めます

第2回 最新テクノロジーセミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「第2回 最新テクノロジーセミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「VDI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「VDI」関連情報をランダムに表示しています。

「VDI」関連の製品

EUCに失敗しないためのVDI環境構築術、5つのポイントで要件を見極める 【日商エレクトロニクス】 重要情報を守りたいけどコストは下げたい――そんな企業を救う“特効薬”とは? 【株式会社日立製作所】 1台からでも対応可能、中堅・中小企業でも手軽に導入できるVDI環境 【丸紅ITソリューションズ】
VDI VDI VDI
EUCに失敗しないためのVDI環境構築術、5つのポイントで要件を見極める 重要情報を守りたいけどコストは下げたい――そんな企業を救う“特効薬”とは? 1台からでも対応可能、中堅・中小企業でも手軽に導入できるVDI環境

「VDI」関連の特集


ワークスタイル変革にはクライアント環境の再構築が不可欠だが、目的や企業環境といった様々な要素を踏まえ…



柔軟な働き方の実現には、クライアント仮想化の導入によって、高いレベルの自由度や柔軟性を持った作業環境…



デスクトップ仮想化の導入は進んでいる? 導入済み企業ではどんな課題が出ている? 導入検討企業が重視す…


「VDI」関連のセミナー

安全、快適、楽々運用 ソフトバンクのオールフラッシュ DaaS 【主催:ソフトバンク/ピュア・ストレージ・ジャパン】 注目 

開催日 11月29日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

働き方改革や端末の多様化により、デスクトップ環境管理は複雑さを極めています。デスクトップ仮想化(VDI)の普及に加え、DaaS(Desktop as a Ser…

Dell EMC or Nutanix これからのハイパーコンバージドの選び方 【Dell EMC/ニュータニックス】  

開催日 11月29日(水)   開催地 北海道   参加費 無料

他では見れないハイパーコンバージドインフラの裏側までぶっちゃけトークセミナーを札幌で開催します。◆ここが見所・【ハイパーコンバージドインフラの動向の今がわかる】…

Dell EMC or Nutanix これからのハイパーコンバージドの選び方 【Dell EMC/ニュータニックス】  

開催日 12月14日(木)   開催地 福岡県   参加費 無料

他では見れないハイパーコンバージドインフラの裏側までぶっちゃけトークセミナーを福岡で開催します。◆ここが見所・【ハイパーコンバージドインフラの動向の今がわかる】…

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

第2回 最新テクノロジーセミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「第2回 最新テクノロジーセミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50048358


IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ