日立の考える、これからのIT運用管理とは

IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/04/27

日立の考える、これからのIT運用管理とは


日立製作所


日立の考える、これからのIT運用管理とはのセミナー概要 日立の考える、これからのIT運用管理とはの申込み



開催日時

2013年6月19日(水) 14:30〜16:30|申込み締切 2013年6月18日(火)
会  場 品川イーストワンタワー13Fハーモニアス・コンピテンス・センター
東京都港区港南2丁目16番1号
※JR品川駅・中央改札口より徒歩約4分
 京浜急行品川駅・高輪口より徒歩約5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

ネットワークの設計・運用 |システムの設計・運用|情報システム部の統括

会員限定で「日立の考える、これからのIT運用管理とは」の続きが読めます

日立の考える、これからのIT運用管理とは」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「日立の考える、これからのIT運用管理とは」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

IT部門を早く・安く・手軽に改革、ITサービス管理ツールで業務はどう変わる? 【クレオ】 運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】 クラウドインフラ管理が課題のSplunkは「Ansible Tower」導入でどう変わった? 【レッドハット】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
非効率なサポートデスク業務…… IT部門を「手軽にテコ入れ」する方法 システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。 クラウドインフラ管理が課題のSplunkは「Ansible Tower」導入でどう変わった?

「統合運用管理」関連の特集


1310億円規模と見込まれる2014年度の国内統合運用管理ツール市場。早期からオープン化に対応し、シ…



システムが勝手に判断し、リソースをコントロールする。90年代末に提唱された自律運用はどこまで進んだか…



企業システムの運用を影で支えるツールとして、今やあらゆる企業で必須の存在となった統合運用管理製品。長…


「統合運用管理」関連のセミナー

ランブックオートメーション ハンズオンセミナー 【野村総合研究所】  

開催日 6月5日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

数年前から運用自動化のキーワードとして聞くようになった「ランブック・オートメーション」ですが、実際に体験していただくと、運用自動化のメリットが具体的にイメージい…

国内トップシェア製品 JP1の提案や見積もりのコツ! 【主催:アシスト】  

開催日 6月13日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

システムに欠かせない運用管理製品 JP1 を皆様の武器に、ご提案のメリットとそのノウハウをご紹介運用業務を支えるジョブ管理製品として、JP1は多くの企業に採用さ…

【Hinemos】クラウド環境での運用を自動化・効率化するには? 【エヌ・ティ・ティ・データ先端技術】  

開催日 6月13日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

■「Hinemosサブスクリプション」について Hinemosはオープンソースソフトウェアでありながら、エンタープライズ利用で必要となるソフトウェア・アップデー…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

日立の考える、これからのIT運用管理とは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「日立の考える、これからのIT運用管理とは」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50048260


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ