CA ARCserve Backup ハンズオントレーニング「入門コース」

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/04/18

CA ARCserve Backup ハンズオントレーニング「入門コース」


CA Technologies


CA ARCserve Backup ハンズオントレーニング「入門コース」のセミナー概要 CA ARCserve Backup ハンズオントレーニング「入門コース」の申込み



開催日時

2013年5月14日(火) 09:30〜13:00|申込み締切 2013年5月14日(火)
2013年5月15日(水) 14:00〜17:30|申込み締切 2013年5月15日(水)
会  場 CA Technologies JA共済ビル
東京都千代田区平河町2-7-9 JA共済ビル9F
東京メトロ
 半蔵門線・有楽町線・南北線:「永田町」駅徒歩2分
 銀座線・丸ノ内線:「赤坂見附」駅徒歩2分(「永田町」駅直結)
 有楽町線:「麹町」駅徒歩4分
 半蔵門線:「半蔵門」駅徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

16名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括

会員限定で「CA ARCserve Backup ハンズオントレーニング「入門コース」」の続きが読めます

CA ARCserve Backup ハンズオントレーニング「入門コース」」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「CA ARCserve Backup ハンズオントレーニング「入門コース」」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 ランサムウェア対策で押さえるべき3要件――いつもの方法ではデータを守れない 【日本ヒューレット・パッカード】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
この会社は仮想環境の障害対策で「十分に満足」な体制をどう構築したのか ランサムウェア対策で押さえるべき3要件――いつもの方法ではデータを守れない 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。

「バックアップツール」関連の特集


重要データの消失、破損に“最後の切り札”となるべきデータ復元サービス業者。ただし、こんな業者には要注…



IT担当者554人を対象に「バックアップツールの導入状況」を調査。導入状況や導入目的、満足度から、ツ…



増え続けるバックアップ作業、でも怠ると事業存続の危機に発展も…。悩める担当者へ、負荷軽減と確実なバッ…


「バックアップツール」関連のセミナー

ActiveImage Protector+vStandby AIP実践セミナー 【ネットジャパン】 締切間近 

開催日 6月28日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ActiveImage Protectorのイメージファイルを復元作業なしで、即座に稼働できるインスタント・ディザスタリカバリソリューション「vStandby …

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

CA ARCserve Backup ハンズオントレーニング「入門コース」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「CA ARCserve Backup ハンズオントレーニング「入門コース」」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50048128


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ