IT・IT製品TOP > 運用管理 > サーバー管理 > サーバー管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/04/13

MIRACLE ZBX 2.0 基礎コース


ミラクル・リナックス


MIRACLE ZBX 2.0 基礎コースのセミナー概要 MIRACLE ZBX 2.0 基礎コースの申込み



開催日時

2013年5月7日(火)〜2013年5月8日(水) 09:30〜16:30|申込み締切 2013年4月25日(木)
会  場 システム・テクノロジー・アイ Ginza Learning Center(銀座会場)
東京都中央区築地1-13-14 NBF東銀座スクエア 2F

地図はこちら
参加費

有料 10万5000円
定 員

10名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用

会員限定で「MIRACLE ZBX 2.0 基礎コース」の続きが読めます

MIRACLE ZBX 2.0 基礎コース」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「MIRACLE ZBX 2.0 基礎コース」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「サーバー管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバー管理」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー管理」関連の製品

高可用性クラスタリングソフトウェア 「CLUSTERPRO D」 【日本電気】 NEC Information Assessment System 【NEC】 コンソールサーバー SmartCS NS-2250 【セイコーソリューションズ】
サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理
業務システムの障害を監視し、障害発生時には業務を健全なサーバに自動的に引き継ぎ、高可用性を実現するHA(ハイアベイラビリティ)クラスタリングソフトウェア。 ファイルサーバの利用状況や不要データを可視化してトータルコストを削減。不適切なアクセス権や個人情報を検出することで、情報漏えいリスクを低減する。 SmartCSは、サーバーやネットワーク機器のコンソールポートを統合・収容し、ネットワーク障害発生時にも確実に対象機器へアクセスできるライフラインの構築を容易にする。

「サーバー管理」関連の特集


 日本の情報システムの信頼度は世界でも群を抜いて高いが、情報システムの障害は程度の差こそあれ、発生す…



今回ピックアップするのはサーバー監視ツール。サーバーの安定稼働は企業にとって必須の要件だが、そのため…


「サーバー管理」関連のセミナー

Zabbix 3.2 新機能のご紹介 【Zabbix Japan】  

開催日 3月15日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

Zabbixでは、Zabbix監視ソリューションに関する無料のwebセミナー(Webinar)を開催しています。本Webinarでは、2016年9月14日にリリ…

Zabbix入門コース 【Zabbix Japan】  

開催日 5月17日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 1万9440円(税込)

Zabbix入門トレーニングはZabbixを利用しはじめる方がZabbixの基本的な操作設定を学ぶことができるコースです。このコースでは基本的なZabbixの監…

Zabbix 3.0 認定スペシャリストコース 【Zabbix Japan】  

開催日 5月31日(水)〜6月2日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 16万2000円(税込)

システム監視のオープンソース化が加速している今、注目を集めているツール、Zabbixの最新版 Zabbix 3.0の公式研修です。受講によりZabbix社から認…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

MIRACLE ZBX 2.0 基礎コース」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「MIRACLE ZBX 2.0 基礎コース」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50048054


IT・IT製品TOP > 運用管理 > サーバー管理 > サーバー管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ