メダル獲得へ導いた眞鍋流データバレー戦術

IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/03/19

メダル獲得へ導いた眞鍋流データバレー戦術


ソフトブレーン


メダル獲得へ導いた眞鍋流データバレー戦術のセミナー概要 メダル獲得へ導いた眞鍋流データバレー戦術のプログラム メダル獲得へ導いた眞鍋流データバレー戦術の申込み



開催日時

2013年4月11日(木) 13:30〜16:00|申込み締切 2013年4月10日(水)
会  場 ハイアットリージェンシー東京 地下1階【センチュリールーム】
東京都新宿区西新宿2-7-2
◆新宿駅西口より徒歩約9分
◆地下鉄大江戸線都庁前駅A7出口C4連絡通路直結
◆地下鉄丸ノ内線西新宿駅より徒歩約4分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

500名
こんな方にオススメ

経営者CIO

会員限定で「メダル獲得へ導いた眞鍋流データバレー戦術」の続きが読めます

メダル獲得へ導いた眞鍋流データバレー戦術」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「メダル獲得へ導いた眞鍋流データバレー戦術」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

CPA評価は限界? 本当のWeb広告価値を可視化する新指標「Total CPA」とは 【ロックオン】 顧客を獲得できるWebマーケティングに──変革のヒントとなる21事例 【ロックオン】 「未来のお客さま」を見つけ、育てる「フルファネルマーケティング」のすすめ 【AdRoll】
CRM CRM CRM
CPA評価は限界? 本当のWeb広告価値を可視化する新指標「TotalCPA」とは 顧客を獲得できるWebマーケティングに──変革のヒントとなる21事例 展示会などでリードを収集してナーチャリングし、営業案件へ育てていく。そんなB2Bマーケティングが、最近頭打ちになっているという。打開策はどこにあるのか。

「CRM」関連の特集


日本においてビジネスに欠かせない「名刺」。長らく名刺は受け取った社員個々で管理するのが一般的だった。…



若者の“電話離れ”に伴い、企業は顧客対応方法の変革が必要だ。CRMも見直す必要がある。セールスフォー…



名刺管理ツール単体の導入だけでも眠っていた名刺が“人脈情報”として生き返り、様々な業務に活用できると…


「CRM」関連のセミナー

クラウドサービスだからできる!お客様のビジネス改革 【富士通】 締切間近 

開催日 10月26日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

新たな取り組みを成功に導く、ビジネスキーワードは「デジタル革新」です。従来からある商品やサービス、ビジネスモデルにクラウド、モバイル、IoT、アナリティクスやA…

少人数で営業成果を上げる!メルマガ配信ツールセミナー 【ゾーホージャパン】  

開催日 9月21日(木),10月20日(金),11月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

【セミナー概要】手軽に始められる新規顧客開拓、既存顧客との関係維持のための手法として、メールマガジン配信を代表とする顧客へのメール一括送信の仕組みは、多くの企業…

CRM Insight体験セミナー 【NTTデータ数理システム】  

開催日 10月3日(火),12月8日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

CRM Insightは、ブラウザ上で動作する手軽なCRM分析システムです。POSデータや会員データをサーバー上においておけば、クライアント側ではブラウザを起動…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

メダル獲得へ導いた眞鍋流データバレー戦術」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「メダル獲得へ導いた眞鍋流データバレー戦術」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50047721


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ