【SEC-2】ツールで行うテスト効率化!単体テスト実践セミナー〜

IT・IT製品TOP > 開発 > テストツール > テストツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/02/15

【SEC-2】ツールで行うテスト効率化!単体テスト実践セミナー〜


テクマトリックス


【SEC-2】ツールで行うテスト効率化!単体テスト実践セミナー〜のセミナー概要 【SEC-2】ツールで行うテスト効率化!単体テスト実践セミナー〜のプログラム 【SEC-2】ツールで行うテスト効率化!単体テスト実践セミナー〜の申込み



開催日時

2013年5月21日(火) 13:30〜17:30|申込み締切 2013年5月19日(日)
会  場 テクマトリックス セミナールーム
東京都港区高輪4-10-8
JR山手線 品川駅 または京浜急行線 品川駅徒歩1分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

8名
こんな方にオススメ

プログラマ |その他

会員限定で「【SEC-2】ツールで行うテスト効率化!単体テスト実践セミナー〜」の続きが読めます

【SEC-2】ツールで行うテスト効率化!単体テスト実践セミナー〜」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「【SEC-2】ツールで行うテスト効率化!単体テスト実践セミナー〜」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「テストツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「テストツール」関連情報をランダムに表示しています。

「テストツール」関連の製品

テストツール活用事例――年2回のリリースサイクルが月1回へ 【日本シノプシス】 「この変更はここまで影響」、チェンジインパクト解析で可能になるテスト効率化 【日本シノプシス】
テストツール テストツール
テストツール活用事例――年2回のリリースサイクルが月1回へ ソフトウェア開発において開発時間の短縮が急務になっている。だが、従来手法ではテスト効率化に限界が。今必要なのは「本当にテストが必要な場所」を提示できるツールだ。

「テストツール」関連の特集


2006年度出荷金額が前年比6%増の17.3億円。2007年度は更に12.1%の伸びが予測される「負…



大規模基幹システムのWeb化やJ-SOX法によるシステム刷新が追い風となり、市場拡大傾向にある「テス…



ソフトウェアが社会生活の中に奥深く入り込むようになり、重要視されるようになった“テスト”。今、開発プ…


「テストツール」関連のセミナー

DevOps浸透中!改めてテスト自動化ツールを考える 【主催:アシスト】  

開催日 5月19日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

テスト自動化ツールが利用され始めて20年近く経ちます。その間に開発言語がいくつも生まれ、近年では超高速開発と称した開発ツールやテストツールも多く存在するようにな…

HPE Unified Functional Testing体験セミナー 【主催:アシスト】  

開催日 7月25日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

機能テストツール「Unified Functional Testing」の体験セミナーです。機能テスト、回帰テストにおける効率化/正確性の向上/短期化を実現し、…

統合テストでカバレッジ計測を行うための動的テスト体感セミナー 【ハートランド・データ】  

開催日 5月26日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

機能安全規格「ISO 26262」に適合が求められているが、どのようなテストが必要なるのか。本セミナーでは、DT10 Automotive を導入し、これから本…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

【SEC-2】ツールで行うテスト効率化!単体テスト実践セミナー〜」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「【SEC-2】ツールで行うテスト効率化!単体テスト実践セミナー〜」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50047382


IT・IT製品TOP > 開発 > テストツール > テストツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ