エンタープライズ ソーシャル活用最大化セミナー

IT・IT製品TOP > スマートデバイス > タブレット > タブレットのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/02/15

エンタープライズ ソーシャル活用最大化セミナー


グルージェント/セールスフォース・ドットコム


エンタープライズ ソーシャル活用最大化セミナーのセミナー概要 エンタープライズ ソーシャル活用最大化セミナーのプログラム エンタープライズ ソーシャル活用最大化セミナーの申込み



開催日時

2013年3月6日(水) 13:30〜16:30|申込み締切 2013年3月5日(火)
会  場 ハービスPlaza 5階 2号室
大阪府大阪市北区梅田 2-5-25 ハービス OSAKA
・阪神梅田駅(西改札) すぐ
・JR大阪駅(桜橋口) 徒歩2分
・JR東西線北新地駅(西改札)徒歩4分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

営業・販売 |情報システム部の統括|全社スタッフ
参加者プレゼント
特製ボールペンをプレゼント!

会員限定で「エンタープライズ ソーシャル活用最大化セミナー」の続きが読めます

エンタープライズ ソーシャル活用最大化セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「エンタープライズ ソーシャル活用最大化セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「タブレット」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「タブレット」関連情報をランダムに表示しています。

「タブレット」関連の製品

シニア層も事業者も簡単に始められる、タブレットでICTサービス 【東日本電信電話】 徹底レビュー:Windows 10の新機能でクライアント環境がこう変わる 【ヴイエムウェア】 付加価値の高いサービス基盤を効率よく整備する際に必要なこと 【東日本電信電話】
タブレット タブレット タブレット
高齢者に寄り添ったビジネス展開の新たなる武器 かんたんタブレットの実力は? Windows 10の知られざる新機能――ユーザーも管理者も救われる認証、他 高齢者を含む一般消費者向け事業の成否は、いかに付加価値の高いサービスを提供できるかにかかっている。そのサービス基盤を効率よく整備する際に必要なことを考えていく。

「タブレット」関連の特集


 前回に引き続き、iPadとiTunesを利用したペーパーレス会議システムを紹介する2回目です。今回…



 クラウドコンピューティングの普及と、スマートフォンやタブレットの普及により、中小企業における働き方…



Windows8タブレットとクラウド勤怠管理を使い約1ヵ月間ワークスタイルの変革に挑んだ効果や課題は…


「タブレット」関連のセミナー

地域包括ケアに向けた移行対策、経営戦略セミナー 【富士通マーケティング】 締切間近 

開催日 1月11日(水)〜1月27日(金)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

国が構築を目指す地域包括ケアシステム! 2018年診療・介護報酬同時改定に向け、介護業界は厳しい改革を想定した対策が必要となります。当セミナーでは、国の政策の方…

スマホ・タブレット活用で実現する 働き方改革セミナー 【主催:協立情報通信/協力:NTTドコモ/日本電気/日本マイクロソフト/オービックビジネスコンサルタント】 締切間近 

開催日 1月25日(水)   開催地 埼玉県   参加費 無料

2016年度は様々な制度改正が行われ、特に労働基準法においては、中小企業にも大きな影響を与える可能性のある法案が挙がっています。また、「働き方改革実現会議」が新…

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

エンタープライズ ソーシャル活用最大化セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「エンタープライズ ソーシャル活用最大化セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50047352


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > タブレット > タブレットのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ