重要文書の消失リスクに備えた長期安全保存策とは?

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/02/05

重要文書の消失リスクに備えた長期安全保存策とは?


主催:日本ヒューレット・パッカード 共催:山崎情報産業/富士フイルム


重要文書の消失リスクに備えた長期安全保存策とは?のセミナー概要 重要文書の消失リスクに備えた長期安全保存策とは?の申込み



開催日時

2013年2月26日(火)|申込み締切 2013年2月21日(木)
会  場 日本ヒューレット・パッカード株式会社本社 大島本社
東京都江東区大島2丁目2番1号
都営新宿線: 東京メトロ半蔵門線 住吉駅 A3出口徒歩7分
都営新宿線: 西大島駅 徒歩8分
JR総武線: 錦糸町駅南口 徒歩15分
JR総武線: 東武亀戸線 亀戸駅 徒歩15分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

その他

会員限定で「重要文書の消失リスクに備えた長期安全保存策とは?」の続きが読めます

重要文書の消失リスクに備えた長期安全保存策とは?」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「重要文書の消失リスクに備えた長期安全保存策とは?」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

エンタープライズコンテンツ管理(ECM) OnBase 【Hyland Software】 エンタープライズコンテンツ管理システム Alfresco 【イージフ】 ATOK、一太郎で培われた言語処理技術を集結 校正支援ツールの劇的な効果_Just Right! 【ジャストシステム】
文書管理 文書管理 文書管理
紙文書を含む多様なコンテンツの統合管理/情報活用/ワークフロー化/業務システム連携などを容易に実現するエンタープライズコンテンツ管理(ECM)ソリューション。 オープンソースによる本格的な文書管理/情報共有ツールであり、CMIS(コンテンツ管理システムの標準規格)に準拠。エンタープライズ規模に対応。 A4文書100枚をわずか10秒で校正、品質と業務効率を両立する支援ツールとは?

「文書管理」関連の特集


クラウドやBIなどと連携するためのカスタマイズ性を強化することも重視される同市場。拮抗する上位のベン…



 「e-文書法」をご存じだろうか。これはビジネスを行う上で必要な書類を電子化し、保存するための要件を…



SOX法対応で一番大変なのは対象文書の洗い出しとその管理。今回はSOX法対応で導入が進む文書管理ツー…


「文書管理」関連のセミナー

事例に基づく電子化文書管理セミナー 【NRIセキュアテクノロジーズ】 締切間近 

開催日 4月20日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

オフィス内電子化文書の利用用途、管理要件はさまざまです。・問い合わせに対して関係する複数の書類をまとめて参照したい・完成した報告書類がいつ誰によって更新されたか…

【1社1名限り】Alfrescoによるファイル共有の問題解決 【主催:ヴィセント 協力:オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 4月25日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

【ファイル共有における課題】ファイル共有を行っている企業は多いと思いますが、課題も多くあります。例えば、【機密文書に誰でもアクセスできてしまう】・フォルダやファ…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

重要文書の消失リスクに備えた長期安全保存策とは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「重要文書の消失リスクに備えた長期安全保存策とは?」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50047206


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ