重要文書の消失リスクに備えた長期安全保存策とは?

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/02/05

重要文書の消失リスクに備えた長期安全保存策とは?


主催:日本ヒューレット・パッカード 共催:山崎情報産業/富士フイルム


重要文書の消失リスクに備えた長期安全保存策とは?のセミナー概要 重要文書の消失リスクに備えた長期安全保存策とは?の申込み



開催日時

2013年2月26日(火)|申込み締切 2013年2月21日(木)
会  場 日本ヒューレット・パッカード株式会社本社 大島本社
東京都江東区大島2丁目2番1号
都営新宿線: 東京メトロ半蔵門線 住吉駅 A3出口徒歩7分
都営新宿線: 西大島駅 徒歩8分
JR総武線: 錦糸町駅南口 徒歩15分
JR総武線: 東武亀戸線 亀戸駅 徒歩15分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

その他

会員限定で「重要文書の消失リスクに備えた長期安全保存策とは?」の続きが読めます

重要文書の消失リスクに備えた長期安全保存策とは?」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「重要文書の消失リスクに備えた長期安全保存策とは?」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

ASTRUX 2.0 SaaS 【ソフトバンク コマース&サービス】 File Life Station 2 【フォー・ズィー・コーポレーション】 Trinity(トリニティー) 【Zero Divide】
文書管理 文書管理 文書管理
企業における一般文書からISO文書や記録などの運用・管理をWebベースに一元管理し、 オフィスにおける文書管理に関わるさまざまな業務を効率化するSaaS型文書管理システム。 様々なケースで作成される紙文書(原本)に対して、ファイルや保存箱の発生から廃棄まで、文書のライフサイクルを確実に、しかもカンタンに一貫して管理できる。 ●「IBM i」(System i、AS/400)で開発されたソフトウェアのメンバーソースから設計書を自動作成。
●作成以外にも管理/閲覧/編集、システム分析、自動更新までの機能を提供。

「文書管理」関連の特集


SOX法対応で一番大変なのは対象文書の洗い出しとその管理。今回はSOX法対応で導入が進む文書管理ツー…



仕事の効率化や業績アップのためにも、しっかりと作っておく必要がある営業マニュアル。その意義をしっかり…



WordやExcel、PowerPointなどを使い、時間と労力をかけて作成していた業務マニュアル。…


「文書管理」関連のセミナー

デスクワークの効率化、超Alfresco活用術! 【リックソフト】 締切間近 

開催日 7月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ホワイトカラーが仕事において文書に関わる時間は非常に多くなっています。文書に関わる時間の効率化は、いかに短時間に文書を検索し、作成することができるかということに…

コンテンツを活用すれば生産性アップが実現できる! in 名古屋 【リックソフト】  

開催日 8月3日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

人口減少が深刻な社会現象となっており、人材確保が難しい中でホワイトカラーの生産性を向上させ、グローバルにも対応できる「新しい働きかた」が必要になってきています。…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

重要文書の消失リスクに備えた長期安全保存策とは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「重要文書の消失リスクに備えた長期安全保存策とは?」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50047206


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ