快速サーチャーログレビ 活用事例&新バージョンご紹介セミナー

IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/01/31

快速サーチャーログレビ 活用事例&新バージョンご紹介セミナー


主催:インテック/共催 :アイ・アイ・エム/アイ・ユー・ケイ/協力:ミック経済研究所/横浜銀行


快速サーチャーログレビ 活用事例&新バージョンご紹介セミナーのセミナー概要 快速サーチャーログレビ 活用事例&新バージョンご紹介セミナーの申込み



開催日時

2013年2月20日(水) 14:00〜16:30|申込み締切 2013年2月19日(火)
会  場 東京ミッドタウン ホール&カンファレンス(六本木)4F:Room7
東京都港区赤坂9-7-2
「六本木駅」 都営大江戸線 8番出口より直結、 東京メトロ日比谷線 地下通路にて直結

地図はこちら
参加費

無料
定 員

100名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|全社スタッフ

会員限定で「快速サーチャーログレビ 活用事例&新バージョンご紹介セミナー」の続きが読めます

快速サーチャーログレビ 活用事例&新バージョンご紹介セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「快速サーチャーログレビ 活用事例&新バージョンご紹介セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合ログ管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合ログ管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合ログ管理」関連の製品

ログの「取りあえず保管」から「宝探しの自動化」に 【網屋】 クライアント操作ログ管理 「MylogStar(マイログスター)」 【ラネクシー】 PC操作記録 iDoperation SC 【NTTテクノクロス】
統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理
セキュリティ対策にはログを効果的に活用し、事故をいち早く検知して被害を最小限に抑える体制作りが重要だ。これまでは「保険」とされてきたログの活用を根本から見直す。 セキュリティ強化で詳細な証跡管理をおこなうにはPC操作ログが必要になる。MylogStarは物理・シンクライアント環境どちらでも高精度なログ収集力を発揮する。 サーバーやPCでの操作を録画して残せるPC操作記録ソフトウェア。管理サーバレスでの導入も可能で、初期コストを抑えつつ、より強固な情報漏洩対策を支援する。

「統合ログ管理」関連の特集


一口にPCログ監視ツールといっても、製品によって採取できるログの種類や機能も違えば、最近はSaaS型…



PCの操作履歴を取得できる「PCログ監視ツール」。情報漏洩対策として導入した企業も多いとか…。Web…



「PCログ監視ツール」を活用するためには、運用負荷を少しでも減らしたいもの…。便利機能から最新動向紹…


「統合ログ管理」関連のセミナー

標的型攻撃対策の見直しポイント発見セミナー 【主催:アシスト 】  

開催日 12月15日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

巧妙化する標的型攻撃には、マルウェア侵入を前提とした多層防御が必要です。多層防御には、何を実施し何を実施しないかの取捨選択が常に必要となります。本セミナーでは、…

標的型攻撃対策の見直しポイント発見セミナー 【主催:アシスト 】 締切間近 

開催日 11月22日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

巧妙化する標的型攻撃には、マルウェア侵入を前提とした多層防御が必要です。多層防御には、何を実施し何を実施しないかの取捨選択が常に必要となります。本セミナーでは、…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

快速サーチャーログレビ 活用事例&新バージョンご紹介セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「快速サーチャーログレビ 活用事例&新バージョンご紹介セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50047149


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ