クラウド活用で新しい「人事・給与・就業」システム導入

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/01/30

クラウド活用で新しい「人事・給与・就業」システム導入


主催:日本ユニシス


クラウド活用で新しい「人事・給与・就業」システム導入のセミナー概要 クラウド活用で新しい「人事・給与・就業」システム導入のプログラム クラウド活用で新しい「人事・給与・就業」システム導入の申込み



開催日時

2013年2月8日(金) 14:00〜16:00|申込み締切 2013年2月7日(木)
会  場 日本ユニシス本社6F プレゼンテーションルーム
東京都江東区豊洲1-1-1
地下鉄:有楽町線豊洲駅下車(2番出口)徒歩10分
新交通システム: ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線豊洲駅下車 徒歩10分
都バス:各路線 日本ユニシス本社前下車

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

経営者CIO |全社スタッフ|その他

会員限定で「クラウド活用で新しい「人事・給与・就業」システム導入」の続きが読めます

クラウド活用で新しい「人事・給与・就業」システム導入」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「クラウド活用で新しい「人事・給与・就業」システム導入」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「人事管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

タワーレコードなど4社に学ぶ人事給与システム刷新のポイント 【SCSK】 人事部門とIT部門の連携で何が変わる? 2部門がコラボすべき5つの理由 【ServiceNow Japan】 グローバル人材マネジメントサービス Cultiiva Global/HM 【NEC】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
タワーレコードなど4社に学ぶ人事給与システム刷新のポイント 人事部門とIT部門の連携で何が変わる? 2部門がコラボすべき5つの理由 社員のプロファイルを見える化。人材マネジメントに関わる目標管理、パフォーマンス管理、キャリア開発、後継者管理などを効率的に実行し、人材戦略の実行を支援する。

「人事管理システム」関連の特集


 別記事“5分でおさらい!今さら聞けない「マイナンバー」”では、税理士の菅沼先生がマイナンバーとはど…



まだ終身雇用への期待が大きい日本。しかし、少子高齢化やグローバル化に伴い注目され始めているのが「タレ…



●『タレント管理で計画人事を実現/事例・後編』タレントマネジメントをすでに自社の人材マネジメントの中…


「人事管理システム」関連のセミナー

過重労働対策の新常識と労基法改正に向けて今から取り組むべき事 【NECネクサソリューションズ/オービックビジネスコンサルタント】  

開催日 2月6日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

元労働基準監督官の視点から国がこれまでに講じてきた過重労働対策のポイントや理由などを解説するとともに、労働基準法改正に向けてどのような準備を行うべきかを紹介しま…

クラウド型奉行シリーズを活用した業務改善セミナー 【NECネクサソリューションズ/オービックビジネスコンサルタント】 締切間近 

開催日 1月23日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

従業員に関する労務管理業務の多くが、いまだ紙やExcelで手間と時間をかけているため、管理部門や従業員に様々な負荷が発生し多くの企業で課題となっています。 労務…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

クラウド活用で新しい「人事・給与・就業」システム導入」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「クラウド活用で新しい「人事・給与・就業」システム導入」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50047122


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ