ARCserve Backup: Windowsクラスタのバックアップ(MSFC/WSFC)

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/01/24

ARCserve Backup: Windowsクラスタのバックアップ(MSFC/WSFC)


CA Technologies


ARCserve Backup: Windowsクラスタのバックアップ(MSFC/WSFC)のセミナー概要 ARCserve Backup: Windowsクラスタのバックアップ(MSFC/WSFC)の申込み



開催日時

2013年2月18日(月) 14:30〜17:30|申込み締切 2013年2月18日(月)
会  場 CA Technologies JA共済ビル
東京都千代田区平河町2-7-9 JA共済ビル9F
東京メトロ
半蔵門線・有楽町線・南北線:「永田町」駅徒歩2分
銀座線・丸ノ内線 :「赤坂見附」駅徒歩2分(「永田町」駅直結)
有楽町線:「麹町」駅徒歩4分
半蔵門線:「半蔵門」駅徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

24名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括

会員限定で「ARCserve Backup: Windowsクラスタのバックアップ(MSFC/WSFC)」の続きが読めます

ARCserve Backup: Windowsクラスタのバックアップ(MSFC/WSFC)」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「ARCserve Backup: Windowsクラスタのバックアップ(MSFC/WSFC)」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 ランサムウェアに感染しても身代金を払わない――データ保護の5つの鉄則 【ねこじゃらし】 統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
この会社は仮想環境の障害対策で「十分に満足」な体制をどう構築したのか ランサムウェアに感染しても身代金を払わない――データ保護の5つの鉄則 幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。

「バックアップツール」関連の特集


データバックアップとイメージバックアップの違いとは…?最新の重複排除機能や仮想環境のバックアップも必…



 世界のデータ量は恐るべき勢いで増加の一途をたどっています。データ量が「5年で10倍」に増加する傾向…



 バラクーダネットワークスが提供するBarracuda Backupの導入事例としてご協力いただいて…


「バックアップツール」関連のセミナー

ActiveImage Protector+vStandby AIP実践セミナー 【ネットジャパン】 締切間近 

開催日 6月28日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ActiveImage Protectorのイメージファイルを復元作業なしで、即座に稼働できるインスタント・ディザスタリカバリソリューション「vStandby …

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ARCserve Backup: Windowsクラスタのバックアップ(MSFC/WSFC)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ARCserve Backup: Windowsクラスタのバックアップ(MSFC/WSFC)」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50047020


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ