世界初! Hadoop連携「NetCOBOL」による既存COBOL資産活用

IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2013/01/18

世界初! Hadoop連携「NetCOBOL」による既存COBOL資産活用


富士通


世界初! Hadoop連携「NetCOBOL」による既存COBOL資産活用のセミナー概要 世界初! Hadoop連携「NetCOBOL」による既存COBOL資産活用の申込み



開催日時

2013年2月13日(水) 14:00〜16:30|申込み締切 2013年2月12日(火)
会  場 富士通トラステッド・クラウド・スクエア
東京都港区浜松町2-4-1世界貿易センタービル(受付30階)
JR山手線・京浜東北線/東京モノレール「浜松町駅」より2階コンコースで直結

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

プログラマ |システムの設計・運用|製造・生産管理

会員限定で「世界初! Hadoop連携「NetCOBOL」による既存COBOL資産活用」の続きが読めます

世界初! Hadoop連携「NetCOBOL」による既存COBOL資産活用」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「世界初! Hadoop連携「NetCOBOL」による既存COBOL資産活用」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他開発関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他開発関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他開発関連」関連の製品

Webアプリ作成ツール Forguncy 【グレープシティ】
その他開発関連
Excel感覚で手軽にWebアプリケーションを作成できる、ノンプログラミング開発支援ツール。作成後は既存システムとの連携も容易に実現できる。

「その他開発関連」関連の特集


Pepperに乗り移る…体験したのはPepperに憑依できるアプリ。さまざまな人が触れ合っていくPe…



 前回の記事ではアプリを商品の認知拡大や購買の動機付けに活用するには何をゴールにし、どういった指標を…



 超小型カメラ内蔵のカプセル型内視鏡からスマートフォン、監視カメラ、人工衛星や系外惑星探査機まで、私…


「その他開発関連」関連のセミナー

クラウドを活用したベトナム・オフショア開発の紹介セミナー 【サテライトオフィス】  

開催日 4月18日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

オフショア(ベトナム)を利用したシステム開発の事例や方法をわかりやすくご紹介します! ・既存システムのリプレイスを、オフショアメンバーを利用して再構築!・既存シ…

IoT時代に求められるUX/UI設計への取り組み方 【グローバルナレッジネットワーク/U’eyes Design】  

開催日 4月17日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

 昨今、ソフトウェア開発おいてUI(ユーザーインタフェース)改善などを含むUX(ユーザーエクスペリエンス)への取り組みが重要視され、ユーザー視点での品質を確認す…

アジャイル手法を使ったソフトウェアのモデル化と開発◆23PDU 【ラーニング・ツリー・インターナショナル】  

開催日 8月30日(水)〜9月1日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 19万2240円(定価)/税込

アジャイルソフトウェア開発に関して、ケーススタディを通して、ユーザー要件を満たすアプリケーションを開発するために反復的で、機能駆動で顧客主導のアジャイル開発手法…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

世界初! Hadoop連携「NetCOBOL」による既存COBOL資産活用」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「世界初! Hadoop連携「NetCOBOL」による既存COBOL資産活用」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50046936


IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ